お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

そろそろ……。「転職を考えた方がいい瞬間」5つ

きくかお(WEBライター)

今の仕事を続けるか、転職するか、悩んだことのある女性も多いはず。では、転職を考えた方がいいのはどんな時なのでしょうか。多くの企業で就業した経験を持つきくかおさんに聞いてみました。

「ずっとこの仕事をやり続けるのか……」「今の仕事向いてないのかな」と考えたことはありますか? 働いたことがある人なら、一度は頭をよぎる「転職」の二文字。転職を複数経験した筆者が転職を考えた方がいい瞬間をご紹介します。転職について考えるきっかけになるかも!?

転機は近づいてる!? 胸の奥の「転職志望度」診断

(1)仕事のことを考えて憂鬱になる時

「仕事、つまらないなぁ」「やりたくないなぁ」と仕事のことを考えて憂鬱になるのであれば、転職を考えた方がいいかもしれません。仕事は楽しいことばかりではありませんが、人生の大半の時間を過ごす重要なもの。どうせやるなら、やりがいや面白さを感じたいですよね。

(2)職場に信頼できる人がいない時

ひとりで完結する仕事はほとんどありません。そのため、職場の人間関係は大切。何でも相談できる人や、支えになってくれるような信頼できる人がひとりもいない場合、職場の環境が良いとはいえません。転職も視野に入れてみましょう。

(3)感情が抑えられなくなった時

人は極度のストレスが溜まると、感情が抑えられなくなります。イライラしたり、突然怒鳴ったり、泣き出したり。周囲も困惑しますが、自分もどうしたらいいか分からなくなっている状態になっているのです。感情コントロールが出来なくなる位ストレスが溜まっている状態は、心にも体にも悪影響です。仕事について少し考える時間をもちましょう。

(4)他にやってみたいと思う仕事を見つけた時

新しい仕事や新しい環境に飛び込むことは、勇気がいりますよね。でも、「やってみたい!」と思う仕事に出会えたのは、とても幸運です。人生は一度きり。後悔のない仕事ライフを送りたいですね。

(5)会社の愚痴ばかり言っている時

口を開けば、仕事の愚痴や上司や先輩の悪口を言っていませんか? 息抜き程度に文句を言っているのであれば良いのですが、四六時中、文句ばかり言っているのは良くない状態です。その状態が長く続くと、心や体のバランスが崩れてしまうかもしれません。

転職は悪いことではありません

どんな人でも仕事に対して「しんどいなぁ」「やりたくないな」と一度は考えるもの。でも、そのしんどさがずっと続き、我慢する状態が続いているなら、転職も考えてみましょう。転職をするなんて逃げ出すみたいと思うかもしれませんが、心と体が壊れてしまう前に行動に移すことが大切ですよ。転職することで自分の新しい可能性に気づけるかもしれません。

(きくかお)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

自分のことわかってる? あなたの長所診断

自分を見直すキッカケ作り♪ 「仕事の価値観」診断

働き過ぎって気づいている? あなたの仕事中毒度診断

きくかお(WEBライター)

結婚後、3人の子供の出産を経て、ライターに。
ファッション、恋愛、ライフスタイルの記事を中心に執筆。
母、妻、そして1人の女性という3つの異なる立場を持つ強みを生かし、恋愛というかわいくて憎らしいモンスターに切り込んでいく。
この著者の記事一覧 

SHARE