お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男女の「脈なしサイン」14選。脈なしからの逆転方法

まる

脈なしから逆転する方法

脈なしサインがあったからといって、この恋を諦めなければいけない……なんてことはありません。

今は脈なしでも、脈ありに変えることは不可能ではありません! ここでは、脈なしから恋愛対象として見てもらうためにできることを紹介します。

(1)ギャップを見せる

男女共に、人は「ギャップ」に弱いものです。ギャップを見せるだけで、マイナスの印象がプラスに変わることも!

例えば、服装や髪型を変えてみたり、いつもとは違う性格を演じてみたり。ギャップを見せることで印象を変えることができるので、試してみましょう。

(2)恋心を隠してみる

相手に自分の好意がバレてしまっている場合は、諦めたフリをしてみるのも効果的です。「押してダメなら引いてみろ」という作戦は、実は結構有効な手段。

これまで自分に対して好意を持ってくれていた人が、急によそよそしい態度になった時、なぜか相手が「気になる存在」になってしまうもの。

しかし、「恋心を隠す」といっても、冷たい態度を取るのはNG! あくまでも、相手に対しての好意を隠すだけにしておきましょう。

(3)自分磨きをする

当たり前ですが、魅力的でない人に惹かれる人はいません。「自分の長所を伸ばす」「自分の魅力を見つける」など、自分磨きをしてみましょう。

自分磨きをしておけば、万が一今の恋が実らなかったとしても、また別のすてきな出会いをつかめるかもしれません。自分磨きをして損することはないので、一度試してみてくださいね。

(4)共通の趣味を持つ

自分に対する相手の印象を変えることで、「脈なし」から「脈あり」へと逆転させることも可能です。

そのためには、好感度を上げることが大切! 同じ趣味を持っていたり、好きな食べ物が同じだったりすると親近感を抱くことがありませんか?

その心理を利用して、相手と共通の趣味を持てば、あなたへの印象も変化するかもしれません。

(5)まずは友人関係を築く

こちらが恋心を持っていると、つい「恋人になるためにはどうすれば良いか」ばかりを考えてしまいがち。

ですが、脈なしサインが出ている場合、あなたはまだ恋愛対象として意識されていません。まずは相手の射程圏内に入るために、友人関係を築くことから始めましょう。

恋愛的なアプローチよりも、友人になるためのフランクなアプローチの方が相手も受け入れやすく、成功率が上がりますよ。

次ページ:脈なしの相手を諦めるべき引き際とは

SHARE