お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合ったらすることは? 付き合い始めのカップルがやるべきこと10選

やっち

晴れてカップルになったけれど、付き合い始めって何をしたらいいの? お互いに社会人だと、連絡の頻度やスキンシップのタイミングにも悩んでしまうもの。今回、恋愛コラムニストのやっちさんに、付き合ったらすることの順番や内容(LINEや電話・デート)を解説してもらいます。

晴れてお付き合いすることになったパートナー。

これからの2人の歩みに胸を躍らせるのも束の間、「何やら付き合っている感」がない気がする?」とお悩みではありませんか。

お互い社会人であれば、なかなか2人の時間が取れないこともありますよね。そこで今回は、恋愛コラムニスト兼カップルファシリテーターのやっちが、カップルが付き合ったらすることの順番や内容について解説していきます。

付き合ったらすることの順番とは?

前提として、付き合ったらすること、すべきことの決まりはありません。当然、順番にも決まりはありません。

ですが、一般的な進み方が気になる人は多いでしょう。従って、下記をイメージしておくといいかもしれません。

1.日常的なLINEや電話のやり取り
2.デートを重ねる
3.軽いスキンシップ
4.キス
5.セックス

といった順番で進むカップルが多いはず。もちろん、この順番通りにいかない恋愛もあります。大切なのは、2人が納得した上で関係を進めていくことでしょう。

参考記事はこちら▼

付き合うことの定義に悩む人は、こちらの記事も併せてチェックしてみてください。

付き合ったらカップルですること10選

付き合ったのはいいけれど、どう接し方を変えたらいいのか分からない! と悩むこともあると思います。

カップルにとって大切なことは、お互いの価値観への理解。そのためにできることを日常生活、LINEや電話、デートなどのシチュエーション別に解説します。

日常生活編

まずは、日常生活の中でやりたいことを見ていきます。

(1)お互いの考えをすり合わせる

相手が何を大切にしているかなど、お互いの考えを話し合いの中ですり合わせていきましょう。

例えば誕生日や記念日など「特別な日は必ず会う」ことで2人の関係を深めようと思う人がいるとします。一方で、付き合えたことを心から幸せに思い、毎日が特別であるからこそ誕生日や記念日をあまり気にしない人もいるのです。

価値観は多様であり、自分の思い込みによってけんかに発展することもありますので気を付けましょう。

(2)2人だけのルールを作る

付き合っているとはいえ、束縛はされたくないと思うもの。とはいえ、最低限は守るべきルールを決めておくといいですよ。

週1回は必ず会う、夜は電話で話す、言いたいことは我慢せず言うなど、2人だけのルールを作りましょう。

注意したいのは、どちらかが一方的に決めないこと。2人で話し合って決めたルールだからこそ、お互いのためになるのです。

(3)時間をつくる努力をする

忙しくてなかなか時間を共有できないカップルがいます。特に休日が合わないカップルはすれ違いがち。

時間を合わせるためには、お互いの一般的な週の流れを把握する必要があります。パートナーが平日休みということであれば、できるだけ定時で仕事を終えるようにしたり、ノー残業デーの日にデートをしたりなど、調整してみましょう。

大切なことは、時間をつくる努力をしたかどうかなのです。

LINE・電話編

続いて、付き合ってからのLINEや電話についてご紹介していきます。

(1)連絡の頻度はどれくらいがいいか話し合う

「LINEをしても、既読スルーでなかなか返事がない」といった悩みは多いもの。恋人同士であれば必ずしもテンポよくLINEの会話が弾むわけでもなく、頻繁に連絡をすることが苦手な人もいます。

電話も同様で、毎日電話で話すことを好む人もいれば、電話は週1回でいいと思う人もいます。また、仕事や勉強に集中したい期間によっても変わります。

いずれにせよ、お互いにとって心地いい連絡の頻度を探してみましょう。

参考記事はこちら▼

連絡頻度の理想は? 男女それぞれの意見をアンケート調査しました。

(2)LINEでのルールを決める

恋人同士とはいえ、付き合いたてだと直接話しづらいこともあるでしょう。しかし、基本的には話しづらいことをLINEなどの文字で伝えるのはおすすめしません。

文字のみで伝えるとニュアンスが伝わりにくいことがあります。コミュニケーションの法則で有名な「メラビアンの法則」によれば、視覚・聴覚・言葉の中で、言葉によって受ける印象は全体のたった7%程度なのだそうです。

そのため、話しづらいことをLINEで伝えないなどのルールを決めるのがおすすめ。大切なのは、どのような表情やしぐさで話しているか、そして声のトーンやリズムですよ。

参考記事はこちら▼

長続きするカップルが送り合うLINEのコツをコラムニストのタイガモンスターさんが解説します。

(3)夜のLINEは簡潔にする

仕事が終わって一息ついた後は、話したいことがたくさんあるかもしれません。しかし、夜のLINEのやり取りは簡潔にしましょう。

多くのカップルからの相談で、喧嘩は夜に起こりやすいことが分かっています。夜は脳の疲れがピークに達し、冷静さが失われ感情的な自分が出やすくなるためと考えます。長文を送りつけるなど、日頃の思いやストレスを相手にぶつけ、後悔してしまうことがあるかもしれません。

夜のLINEは話したいことを簡潔にし、できるだけ朝や日中に集中させましょう。

デート編

次に、付き合い始めのデートでやるべきことをご紹介していきます。

(1)定番のデートスポットに行く

付き合い始めは、定番スポットに出掛けてみましょう。特に、誰もが知るテーマパークに行くことをおすすめします。

お互いに行ったことのある場所であれば、2人だからこその楽しみを改めて発見できる良い機会となります。

定番だからこそ慣れた環境で安心感があり、デートの途中でどこに行くべきか迷うことも少ないでしょう。

参考記事はこちら▼

(2)お互いの思い出の地を巡る

2人が過去に印象深かった地を紹介しあってみましょう。過去を知ることは今を知ることであり、相手への理解が普段の会話にも生かせます。

また、自分が慣れた場所であれば緊張も和らぎ、話題も豊富に提供することができます。

なお、デートはお互いが楽しめることが前提なので、一方的な誘いではなく、相手の興味によって向かう場所を決めましょう。

(3)手をつなぐなどのスキンシップ

イギリスの脳科学者ヘンリー・デールが発見した、別名「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌されることで、人間は幸せを感じやすくなったりストレスが緩和されたりします。

スキンシップをすることで、オキシトシンが分泌され、幸福感を感じます。そのため、肌に触れることは、大切なコミュニケーションの1つなのです。

手をつないだりハグしたりするのは、愛情を示したい思いからですよね? 言葉でも体でも、積極的に愛を伝えましょう。

参考記事はこちら▼

カップルで楽しむと愛が深まるスキンシップを紹介します。

(4)キスやセックス

付き合ったら、手をつなぐ以上のスキンシップも当然発生します。具体的には、キスやセックスです。

恋人とのキスには、お互いの信頼感を得たり、愛情を確認したり、興奮を高め合ったりする効果があります。また、セックスも同様です。

2人が相手にもっと触れ合いたいと思うのなら、こうしたスキンシップに進むことは全く恥ずかしいことではありません。

参考記事はこちら▼

カップルは付き合ってどれくらいでセックスをする? タイミングの見極め方を元ホストの井上敬一さんが解説します。

▶次のページでは、付き合い始めのカップルが長続きするための注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE