お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

会話がうまくできない……。会話が苦手な原因と対処法5選

服部希美(心理カウンセラー)

「会話下手」を克服するための対処法

会話が苦手な人でも、自分に合う対処法を実践すれば改善していくことが可能です。

ここで、会話下手を克服するポイントをご紹介しますので、あなたに合った方法をお試しくださいね。

(1)相手の話を「聞く」ことを意識する

「うまく話さなきゃ」「場を盛り上げなきゃ」という思いから、自分の話ばかりをしてしまう人がいますが、自分の話で盛り上げるよりも、相手の話をしっかり聞くことの方が相手に喜ばれやすいです。

相手に興味を持ち、今日はコンディションなのか、どんな物が好きで、どういうことがしたい人なのかをチェックすることで、話を引き出すことも楽になります。

(2)笑顔で相づちを打つ

話している時に、聞き手に良い反応を返してもらえるとうれしいですよね。

相手の話に笑顔で相づちを打つことで「私はあなたの話を好意的に聞いていますよ」「安心して話してくださいね」というメッセージが伝わり、会話が弾むことも多いですよ。

(3)相手のテンポや使う言葉に合わせる

ゆっくり話す人にはゆっくりと会話したり、テンションが高い人にはテンションを高めたり、敬語で話す人には敬語で話したり……など、さりげなく相手の会話のテンポや特徴に合わせて話してみましょう。

相手に心を開いてもらいやすくなりますよ。

(4)会話を広げる問いかけを心掛ける

問いかけは「はい」「いいえ」で答えられるものより「それからどうしたの?」「どうやってやるのですか?」など、相手の会話を引き出せるようなものを選んでみましょう。

「相手の話に踏み込み過ぎると迷惑になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれませんが、よほどナイーブな内容でなければ、自分に興味を持ってもらえるのはうれしいものです。

会話が続かず悩んでいる人は、日頃、自分がどんな問い掛けをしているのかチェックしてみましょう。

(5)話の腰を折ったり、相手を否定したりしない

会話の途中で割り込んだり、「それはダメでしょ」と相手を否定したり、「私もね」と途中で相手の話を奪ってしまう人がいます。

自覚も悪気もないことがほとんどなのですが、相手の話の腰を折らないよう最後まで聞くことを心掛けましょう。

参考記事はこちら▼

あなたは本当に会話下手? 診断でチェックしてみましょう。

次ページ:会話が続かない時におすすめの話題3つ

SHARE