お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】歩く夢の意味25選

夢占い

マリィ・プリマヴェラ

どんなふうに歩いていた? 歩き方別の夢の意味

ここからは、歩くペースや、歩き方によって変わる夢の意味を解説します。

(1)遅いペースで歩く夢は「物事の進展が遅れてしまいそう」

目標に向ってはいるものの、あまりスムーズにはいっていないことを表す夢です。

目標や、それに到達するための計画に無理はなかったか、見直した方がいいかもしれません。

また足取りが重たくてペースが遅くなっていたり、歩くのがつらいために遅いペースになっていたりする場合は、体調や心の調子がダウンしている証し。

エネルギーが低下しているのです。先を焦らず、まずは心身を癒やし、エネルギーを回復することを考えましょう。

(2)速いペースで歩く夢は「焦りの気持ちが潜んでいる」

あなたの中に焦りはないでしょうか? 速いペースで歩く夢は、心が落ち着きを失い、先へ先へと行きたがっていることを表しているのです。

今のままでは周囲に遅れを取ってしまう、もっと頑張らなくてはダメだ……などといった思いが、あなたの中に潜んでいるのでしょう。

こんな時は、予想もしなかったトラブルに遭う可能性が高いようです。

意識してペースダウンし、周囲に注意を払うようにしてください。その冷静さがあなたからトラブルを遠ざけてくれるはずです。

(3)さまよい歩く夢は「心も体調も不安定」

心身共に不安定なことを告げる夢です。

とりわけ精神的に安定を欠いている状態にあるようです。

何らかの理由で今の状況に対して不安感を持っていたり、不満足だったりする時に、こんな夢を見ることが多いでしょう。

この夢を見たら、まずは自分が不安定な状態にあるのだという認識を持つことが大事です。

そして心を休ませてやるなり、心の切り替えをするなりしてください。

また、体調が不安定ならばドクターチェックを受けることも考えたいものです。

(4)歩き続ける夢は「人生の夢や目標を見失っている」

ひらすら歩き続ける夢は、あなたが人生の目標を見失っていることを暗示しています。

あるいは人生に対する夢がなくなっているのかもしれません。

いずれにしても張り合いのない日常を送っていることが表されている夢です。

こんな時にむやみに動き続けても道は見えてきません。

少し休んで自分の心を見つめ、本当は何がやりたいのかを自分に問い直すといいでしょう。

ただし、散歩などで歩き続けている夢ならば、休息を求めているサインです。息抜きを心掛けましょう。

(5)歩いているのに全然前に進まない夢は「焦りの表れ」

一生懸命に足を動かして歩いているのに、ちっとも前に進まない夢は、そのままあなたの気持ちを表しています。

必死で頑張っているのに、事態は一向に前進しないという焦りがあって、必要以上に先を急ぎすぎてはいませんか? 

心を落ち着かせて状況を見渡してみましょう。焦るほどのことではないことが分かるかもしれません。

また、実力以上のことに取り組んでいる時にも、この夢を見ることがあるようです。

1人で空回りするよりも、周囲に援助を頼むことをおすすめします。

次ページ:「歩く夢」から、今を生き抜くヒントを読み取って!

SHARE