お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】歩く夢の意味25選

夢占い

マリィ・プリマヴェラ

どこを歩いていた? 歩いている場所別の夢の意味

あなたは、夢の中でどんな場所を歩いていましたか? まずは、歩いている場所別の夢の意味を解説します。

(1)雪道を歩く夢は「困難が続く」

雪道を歩くのは実際にもなかなか大変なこと。雪道を歩く夢は、そのように困難な状況が続くことを伝える夢です。

そのつらい状況を無事に乗り越えるには、日々を落ち着いて丁寧に過ごすように意識するといいでしょう。

また、雪道が凍っていて滑るようなら、苦しい状態が極まっていることの証し。

もしも、凍った雪道で転びそうになった夢なら、今後、現実の生活の中で足元をすくわれるような出来事がおきる予兆です。慎重にならなくてはいけません。

また雪が解けだして歩きやすい道だったなら、困難な状況は遠ざかり、少し楽な状態になることを暗示しています。

(2)夜道を歩く夢は「心がネガティブになっている」

夢の中で、「夜」は不安や恐れ、孤独を意味します。

夜道を歩く夢も同様で、あなたが不安や恐れを抱いていること、そして孤独感にさいなまれていることを暗示しているのです。

もし今は明るい気持ちでいたとしても、近い将来、運気はダウンしていき、そのようなネガティブな精神状態になっていく可能性が高いようです。

この夢を見たら、普段よりも慎重に生活したほうがいいでしょう。

そして物事のポジティブな面に目を向ける習慣を付けるといいのではないでしょうか。

(3)海の上を歩く夢は「成功を手にする」

海の上を歩く夢は、運気の好転を表す夢です。あなたの心は解放され、自由で伸びやかに行動できるようになるでしょう。

心は前向きになり、自分にできないことなど何もないといった自信が湧いてくるはず。

この夢を見たら、今までできないと思って諦めていたことに再トライするといいでしょう。

また、今までの頑張りが実を結び、近い将来、成功を手にすることも暗示しています。

とりわけ夢の中で空がよく晴れ渡っていたなら、そんなラッキーは近々訪れるでしょう。これまで努力の手を休めないようにしてくださいね。

(4)河川敷を歩く夢は「人生の転機を待っている」

夢の中の「川」は、人生の流れを象徴しています。そのため、河川敷を歩く夢はあなたが再出発のチャンスを伺っていることを意味します。

今は人生の転機となるタイミングで、次の活躍に向けて休息をとっている状態なのです。

ぜひ、これまでの疲れを癒やしたり、ストレスを解消したりして、ステップアップする準備をしてください。

ただし、同じ河川敷を歩く夢でも、不安な気持ちで歩いていたなら、自分の能力や魅力などに自信が持てず、次のステップに踏み出せないことの証し。

夢の中でネガティブな気持ちを抱いていたなら、自分磨きをするといいでしょう。

(5)山道を歩く夢は「人生そのものを表す」

山道は、緑がきれいだったり、険しい箇所があったり、歩くことそのものが息苦しかったりと、さまざまな状況があります。

ですから夢の中の山道は、まさに私たちの人生そのもの。

山道を歩いていて、どんな気持ちだったでしょうか? それによって今のあなたが人生のどのような局面にいるのかが分かるのです。

楽しい気持ちで歩いていたなら、あなた人生は喜びに満ちていることでしょう。

苦しみながら歩いていたのなら、あなたの日々は困難が多いことを物語っています。

(6)森の中を歩く夢は「ストレス解消の兆し」

夢に出てきた森は、どんなイメージだったでしょうか。

木々の緑が輝いていたり、空気が澄んで気持ちのいいところだったりしたならば、ストレスが解消され、物事は順調に進んでいくことを暗示しています。

何も心配せずにのびのびと行動しても大丈夫。

一方、薄暗くてじめじめしているなど暗い印象を持つ森だったり、何か怖い生き物が出てきそうな森だったりしたら、これから良くない出来事が起きることを暗示。

悪い誘惑などに乗らないよう気を付けてくださいね。

(7)暗い道を歩く夢は「今後、不安になるような事態になりそう」

暗い道を歩くのは、現実でも不安があるもの。

夢の中で暗い道を歩いていたら、まさしくこれから不安になるようなことが訪れることの証しです。

自分が置かれている今の状況をもう一度、見直してみましょう。

今までのやり方に間違いがなかったか、計画に漏れはなかったかをチェックして、不安材料を打ち消すと良さそうです。

また、いざという時のために信頼できる人に協力を頼んでおくことも大切。

暗い道を歩く夢は、いずれにしても今後に対する警告夢ですから、慎重になりたいものです。

(8)明るい道を歩く夢は「明るい未来を暗示」

歩いている道の先までよく見渡せて、また周囲の状況も明るくくっきりと見えるような夢は、物事が順調に進展していくことを暗示しています。

もしも今、現実世界で問題を抱えていたとしても、すぐに解決し、意気揚々と人生を歩んでいくことができるでしょう。

何も問題がない状態ならば、人生はさらにトントン拍子に進展していくはず。自分の人生に対して自信を持って大丈夫ですよ。

(9)坂道を歩く夢は「上り坂は運気上昇、下り坂は運気ダウン」

「坂道」は、自分が今、取り組んでいることの状態を表しています。

坂の頂上は“目標”を意味するため、上り坂を歩いていく夢は、着々と目標に向かっていることを示しています。

恋でも仕事でも勉強でも、今、努力していることは必ず実りの時を迎えるという証しです。頑張り続けてくださいね。

反対に、下り坂を歩いていく夢は運気が低下することの暗示。

もはや苦労する気力も体力もなく、やりかけのことも結実しないままに終わることを告げているのです。

この夢を見たら、もう一度プランを練り直したほうがいいかもしれません。

(10)線路を歩く夢は「もっと自由になりたい気持ちの表れ」

この夢は、決められたレールの上を歩くことに対するいたたまれない気持ちを感じていることを示します。

何にも縛られず、もっと自由に、自分の意思のままにやっていきたい気持ちが表れた夢なのです。

終点に向かって元気よく歩いているようなら、運気はアップしています。

敷かれたレールから外れずに人生を歩んでも、何らかの成果を得ることができそう。今のままの努力を続けていきましょう。

反対に、スタート地点の駅に向かって逆戻りするように歩いているようなら、運気は低下することを物語っています。

物事の進展は期待できない様子。別のやり方を試してみるといいでしょう。

(11)高速道路を歩く夢は「目標が見つからず心が不安定」

高速道路を歩いている夢は、自分は自分、他人は他人という区別がはっきりしていることを示します。

要するにマイペースでいるということ。

決して悪いことではありません。どうぞこのまま自分らしさをキープしてくださいね。

また、事故などで車から降りて歩いている夢なら、将来に対してはっきりとした目標が見つからず、どうしたらいいか分からない状態でいることを示しています。

先を焦らず、じっくりと自分自身や将来について考えると同時に、今しかできないことに力を注ぐといいでしょう。

(12)高い所を歩く夢は「目標をクリアできる」

夢の中に出てきた「高い所」は、目標の到達点を意味します。

ですから高い所を歩く夢は、目標をクリアできることを示しているのです。

今のあなたは自信や、やる気に満ちていることでしょう。このまま突っ走っていっていいのです。

ただし、周囲からの評価がアップしている時期だけに、慢心してしまいがちな点には気を付けましょう。

誠実に、今まで同様の努力を続けることの大切さを教える夢と理解してください。

(13)ランウェイを歩く夢は「自己顕示欲の高まりと恋愛願望」

大勢の人から注目されながらランウェイを歩く夢は、周囲からの視線を集めたい、人から愛されたいという願望が表れた夢。

つまり自己顕示欲が高まっていることを暗示しているのです。

ということは、実はまだ、そんな存在になれていないということ。もっと自分を磨く必要があるでしょう。

また、ランウェイを歩くあなたを見つめている人々が異性だったら、モテたいという願いや恋愛願望が潜んでいることを表します。

すてきな存在になれるよう、ファッションの研究などをするといいのではないでしょうか。

次ページ:誰と歩いていた? 一緒に歩いている人別の夢の意味

SHARE