お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

人生を楽しむ方法とは? 10個のコツを紹介

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

人生を楽しむためのコツ10個

ここでは「人生を楽しむためのオススメの方法」を紹介します。

1つでもピンとくるものがあれば、ぜひ取り入れてみてくださいませ。

(1)「100点満点じゃなくても良い」と考える

まずは、この考え方を心掛けましょう。

私たちは、つい心の中に「100点満点の楽しい人生」を思い浮かべて、それが手に入らないことに沈んでしまうから。

でもね、100点の人生なんて、きっと存在しないんですよ。

ある程度楽しければ、その日はクリア。最高の1日。

それくらいのマインドで生きていきましょうぜ。

(2)楽しいふりをする

まねっこから始めましょう。

確かに、いきなり楽しい人生を送るのはハードルが高いかもしれません。しかし、楽しいふりをすることはできるはずですよね。形をまねるだけですから。

そして楽しいことというのは、楽しそうにしている人のもとにやって来るものです。

そのためにまずは、笑顔を心掛けてみてはいかがでしょう。そうしていると、きっと楽しいことを引き寄せられるはずです。

(3)口癖をポジティブな言葉にする

口癖を変えるのも強力な魔法になります。

生活の中で、何度も口にするフレーズですから。自分や相手に影響しないわけがありません。

例えば「最近どう?」と聞かれたら「絶好調!」と答えるのがオススメです。他にも「いいね!」「最高!」といった言葉も良いでしょう。

ポジティブな口癖は、人生を前向きに捉えさせてくれますよ。

(4)すでに手に入れているものに改めて気付く

今自分のポケットの中にあるものを確認しましょう。

もちろん、これは比喩です。とはいえ私たちは、「すでに手元にある楽しいこと」に気付かないところがあるのですね。身に付けたスキルとか、趣味とか、身近な人間関係とか。

他人から見ると、あなたはすでに楽しい人生を送っているのかもしれませんよ。

(5)周りに「何をしたら楽しめますか?」と質問する

質問しちゃいましょう。

大体の場合、その人が楽しいと感じていることを提案してもらえるでしょう。

ここでのポイントは「とにかく否定せずにやってみる」ということ。少なくとも、その相手が楽しいと感じたのは真実なのですから。

何か新しい発見があることでしょう。

(6)失敗を恐れずにチャレンジする

楽しさという経験は、行動と引き換えに得られるものでもあります。

旅に出ると世界の広さを、ヨガ教室に行くと体を動かすことの気持ち良さを、マッチングアプリに登録すると出会いの楽しさを知る、という感じです。

失敗して傷ついたり、楽しめなくて落ち込んだりしてしまうかもしれません。しかし、それでもサイコロを振るのをやめてはいけないんだと思いますよ。

だから、思い切ってやってみましょう。きっと大丈夫。

(7)他人に興味を持つ

すごく大事なことです。

まずはアンテナを他人に向けること。言い換えると、興味を持つことです。

私たちは、つい自分のことばかりを考えてしまいがちですからね。でも、人生って、世界って、他人との関わりの上にあるものなんですよ。

その関わりの中で、自分1人では気付けなかった楽しさを知ることができるかもしれません。だからこそ、他人に目を向けることができたら強いですよ。

(8)他人を笑わせる

他人を楽しませるマインドを持ってみましょう。そうすると人生は一気に楽しくなるものです。

僕は、周りを楽しませることがこの世で一番楽しいことだと思っています。学生時代の文化祭だって、観客側でいるよりも、楽しませる側にいた方が楽しかったという人も多いのでは? それと同じことです。

相手を笑わせるような会話を心掛けてみましょう。すると、自分の楽しさとして還元されるものもあるはずです。

(9)他人の人生ばかり見ない

これも大事なポイントです。

よろしいでしょうか。大事なのは、あなたが人生を楽しむことだけなのです。誤解を恐れずに言うと、周りが人生を楽しんでいるかは心底どうでも良いのです。

そのためには、他人の人生や顔色ばかりうかがわないこと。

具体的なこととしては、一日30分でもスマホを触らない時間を作ること。スマホの奥にあるのは、他人の人生ばかりだからです。

(10)やってみたかったけど、やっていなかったことをやる

超大事です。

人生の楽しさは「前からやってみたかったけど、やっていなかったこと」の中に隠れています。

日々の忙しさの中で、チャレンジできずにいたこと。いくつか心当たりがあるのではないでしょうか?

今がその時なのかもしれませんよ。少しだけ手をつけてみませんか。

次ページ:過去や未来じゃなくて、「現在」こそが人生

SHARE