お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

色によって意味が変わる「シクラメンの花言葉」

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

寒い冬に彩りを添えてくれる花、シクラメン。贈り物としても人気のシクラメンですが、色によって花言葉が違うんです。今回は、そんなシクラメンの花言葉を色別にひも解いていきます。

冬の始まりから春先まで次々と花を咲かせ続ける人気の鉢物、シクラメン。「冬の鉢花の女王」とも呼ばれています。

そんなシクラメンの花言葉は、「遠慮」や「内気」、「はにかみ」「気後れ」など、ちょっと恥ずかしがっているような内容ばかり。

今回は、色ごとで違うシクラメの花言葉をまとめたので参考にしてみてください。

シクラメンってどんな花?

シクラメンは、地中海沿岸が原産地とされています。

花名の言語はギリシャ語で、「円」や「螺旋形の」という意味の「のキクロス」からきてが由来しておおり、花が落ち、種ができると茎が螺旋状に丸まることから名付けられたそうです。

別名は「カガリビバナ」「ブタノマンジュウ」

別名は、反り返って上を向いた花びらが篝火(かがりび)のように見えることから、「カガリビバナ(篝火花)」。

また、シクラメンの球根を放し飼いの豚が食べてしまうことから、「ブタノマンジュウ(豚のまんじゅう)」など、意外な名前が付いています。

英名も“sow bread”も「雌豚のパン」という意味です。日本でこの名前だとなかなか売れなさそうですね。

出回り期が長く買い求めやすい

サクラソウ科シクラメン属の球根植物で、花弁の長さは2~3cmのミニ品種、5~6cmもある大輪種まで大きさはさまざま。

色は従来の赤やピンク、白だけでなく、花弁に色が入る覆輪種、色変わりする品種などもあります。葉が卵形やハート形なのもかわいいですね。

開花期は、10月~翌年の4月までと長く、花もちは5~7日程度ですが、次々と花が咲きます。

出回り期は11月~3月と長いので買い求めやすく、比較的出回る花の種類が少なくなる年末年始シーズンに重宝され、種類や色も多く花期も長いので、毎年どのシクラメンを買おうか楽しみにしている人も多いです。

次ページ:お見舞いや退院祝いに贈るのは避ける

SHARE