お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

この女うざっ! 男性がイラッとする「LINEの駆け引き」

松葉暁

彼氏や好きな人とのLINEはとてもワクワクしますよね。ときにはちょっとした駆け引きでさらに彼の気をひきたいもの。

でも、そんなLINEの恋愛テクニックの中には、男性がめんどくさく感じてしまうものもあるようです。今回は、女性からもらったイラッとする駆け引きLINEについて、男性たちの率直な意見をご紹介していきます。

(1)返信が遅い

・「返信が遅い。ついつい忘れてしまう」(32歳/建設・土木/技術職)

・「相手の返信が遅すぎて気持ちが冷めてしまったので、めんどうになった」(33歳/情報・IT/その他)

相手をじらそうとしたり、忙しいアピールをしようとしたりして、わざとLINEの返信に時間をかけてしまうことはありませんか? あまりやりすぎると男性もこちらの存在を忘れてしまったり、気持ちが冷めてしまったりするリスクがあるようです。

(2)進展のない内容

・「いつまでたっても進展がないとき」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「なかなか進展しないだろうと確信してしまったとき」(31歳/医療・福祉/専門職)

長時間やりとりをしているわりに、なかなか相手の気持ちがわからなかったり、デートの日程などが決まらなかったりする場合、イラっとするという意見がありました。あまりダラダラLINEのやりとりを続けるのは危険ですね。

(3)しつこい質問攻め

・「あまりにも根掘り葉掘り質問されたとき」(28歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「何度もしつこく聞いてくるようなLINEは嫌です」(30歳/機械・精密機器/技術職)

特に気になる相手とLINEをする場合、彼女はいるのか? どんな人がタイプか? などいろいろと聞きたくなってしまうもの。しかし、あまりにしつこく質問攻めにしてしまうと、男性としては面倒に感じてしまいます。

(4)どうでもいい内容

・「どうでもいい内容を何回も送ってきたとき」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「『ねぇねぇ』とか、『あのさー○○なんだけど』とか、どうでもいいことばかり」(30歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

女性からすると、とりとめもないことをLINEで話したい気もしますよね。どんな内容が相手にとって「どうでもいい内容」か判断するのは難しいですが、男性相手の場合はある程度内容を考えてから送ったほうがよさそうです。

まとめ

男性たちがイラッとしてしまう「LINEの駆け引き」をご紹介しました。意外と「これもダメなの!?」と思うものはありませんでしたか? 彼の気をひきたくてやっていることが、逆効果になることもありそうです。やはり、恋愛には素直が一番ということかもしれません。

(松葉暁)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:284人(22~39歳の働く男性)

 

松葉暁

この著者の記事一覧 

SHARE