お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白を保留にされた時の成功率とは? 今できること4つ

広瀬絵美

好きな女性に告白したけれど、保留にされてやきもきしている男性へ。すぐ返事がもらえなかったからといって、ふられるとは限りません! 保留期間中の女性の心理や今できることを、婚活心理コンサルタントで公認心理師の広瀬絵美さんに教えてもらいます。

好きな女性に勇気を出して告白したら保留にされてしまった……。

「OKをもらえるのか?」
「どれくらい待てばいいのか?」
「返事を待つのがつら過ぎるから、いっそのこともう諦めてしまおうか……でもやっぱり好き!」

返事を待つ側の精神状態はかなりつらいですよね。今回は、告白を保留する女性心理、そして成功に導く秘訣を心理学の側面から詳しく解説します。

告白を保留された場合の成功率は?

マイナビウーマンで女性を対象に実施された「告白されてから、いつOKの返事をしましたか?」というアンケート調査の結果は以下の通りです。

Q.告白されてから、いつOKの返事をしましたか?

第1位 当日(71.1%)
第2位 1日以上~4日未満(17.7%)
第3位 4日以上~1週間未満(6.8%)
第4位 1週間以上~1カ月未満(3.0%)
第5位 3カ月以上(1.1%)

(※)有効回答数266件。単数回答式、6位以下省略

やはりOKする場合は当日に返事をする場合が多いものの、約29%の女性が「男性に告白された後、保留にして後日OKと返事をした」と回答しています。

つまり、男性に告白された女性の3分の1程度は当日に返事をせず、時間を置いてからOKしていることが分かります。

成功するパターンのイメージとして、女性に告白したらその場で「はい! ぜひ!」と答えてもらえる印象がありますよね。でもこのデータを見ると、熟考する女性もちらほらといるようです。

そもそも心理学的に見た時、女性は男性に比べて不安を強く抱く傾向にあります。そのため、「本当にこの人で大丈夫かな?」と思い悩んでしまい、即答できない人もいるのでしょう。

こういった女性の心理学的ベースを踏まえ、「なぜ女性が告白を保留にするのか?」をより詳しく解説していきます。

次ページ:告白を保留にしてしまう女性の心理

SHARE