お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

bar bossa 林伸次が語る「女の人生とお金」

【特集】もう大人だし、本気でお金の話をしよう

林 伸次

キャッシュレス、資産運用、投資……。一見とっつきにくいけど、大人になった今だからこそ知っておきたい「お金」の話。賢い貯め方・使い方・増やし方まで、芸能人・著名人のみなさんと一緒に本気で考える特集です。 今回は、渋谷の裏道に佇む「bar bossa」マスター・文筆家の林伸次さんが、「女の人生とお金」を語ります。

僕、渋谷で23年間バーを経営していまして、お店に足を運んでくださるいろんなお姉さまたちから、毎晩「女の生き方」みたいな話を伺っているんですね。

皆さん、僕が「書く仕事」をしているのも知ってるので、「林さん、DVをする男の見分け方と、男に浮気させない方法を教えるから書いておいて」って感じの話をされるんです。

その話の延長線上で、よく言われることがありまして。

それは、「大恋愛の末に結婚しても、その人と離婚するかも、というのは頭に入れておいた方が良い」ということ。

そして、「結婚相手の収入が良くても、決して専業主婦になろうとしてはいけない」そうです。

結婚に必要なのは「離婚するための備え」

例えば結婚して、子どもが生まれます。もし今働いている会社に産休制度があるのならそれを使って、できれば彼にも使ってもらって、とにかく「会社は辞めない方が良い」ということ。

あるいは「いつでも社会に復帰できるように、手に職のようなものを付けておくこと」というのもよく言われます。

なぜなら、結婚してから「どうしてもこの男性と離婚したい」と思っても、いざシングルマザーでアルバイトや派遣をしながら子どもを育てることを考えると、離婚を諦めてしまいがち。

そうやって我慢して結婚生活を続けることで、自分の一生を棒に振ってしまうことにもなります。

結婚する時は、まさか離婚しようと考える日が来るなんて想像もしなかったのに、人間って変わるもの。だけど、「自分だけの収入ではお先真っ暗だから、我慢してこの人と結婚を続けていくしかない」っていう選択をすることもあるそうです。

離婚した時の保険として、会社はできるだけ辞めない。あるいは手に職を付けて、いつでも社会に復帰できるようにしておく。専業主婦になろうとしない。

こういうことを、お姉さま方に「林さん、書いておいて」って言われます。

結婚したら、財布は一緒にする?

そして、結婚する時には財布を1つにして、女性側が管理するのもおすすめだそうです。

財布を2つにしてしまうと、男性は趣味や浮気なんかに浪費してしまう可能性が高いんですね。

浮気って、お金がないとできないんです。あるいは見栄っ張りな男性だと、ついつい後輩に全部おごってしまうなんてことも多いです。

結婚前に「財布は1つで、私が管理するね」と宣言しましょう。目に見えない出費が減るので、生活費の管理もしやすくなるはずです。

そして、貯金や資産運用にも挑戦してみてください。もしあなたがそういうお金の運用が苦手なら、彼と相談しながらやるのもおすすめです。

実は離婚する時に、マンションのローンや名義で揉めることってあるそうなんです。そんな時、資産に余裕があると助かります。もちろん、離婚しなくても「突然の支出」ってありますから。

お金の余裕は、人生の余裕

お金って、実は人生の中で一番大切です。お金さえ余裕があれば、いろんな自由が待っています。お金のせいであなたの人生を台無しにしないように。

専業主婦になろうとしない。
会社は辞めない。あるいは、手に職を付ける。
結婚したら財布は1つにして、できれば女性が管理する。
貯金や資産運用をして余裕を持つ。

これらが、「お姉さま方のアドバイス」のようですよ。

(林伸次)

※画像はイメージです

林 伸次

1969年生まれ。徳島県出身。渋谷のワインバー「bar bossa(バールボッサ)」店主。レコファン(中古レコード店)で2年、バッカーナ&サバス東京(ブラジリアン・レストラン)で2年、フェアグランド(ショット・バー)で2年勤務を経た後、1997年渋谷にBAR BOSSAをオープンする。cakesや女性誌でエッセイ連載中。

Twitter:@bar_bossa

「bar bossa」公式HP:http://www.barbossa.com/

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「【特集】もう大人だし、本気でお金の話をしよう」をもっと見る

MORE

SHARE