お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚したらもらえる? 「結婚助成金」を知っていた女性は1割程度

#マネーニュース

ガラクティ

何かとお金がかかる新婚生活。そんな新婚生活にかかる費用の補助を受けることができる​「結婚新生活支援事業費補助金(結婚助成金)」という制度があるのをご存知ですか?

「PLACOLE WEDDING」を運営する冒険社プラコレが20代~30代女性・1373名を対象に実施したアンケート結果によると、「助成金」の制度を知っていた女性は全体の13%にあたる178名でした。

「助成金」について「最近ニュースやネットで存在を知った」と答えた女性は187名、「ご自身が結婚するときに調べた」という方は80名、「前から知っていた」という方は70名でした。

以上の回答から、「結婚新生活支援事業費補助金」は20~30代女性の認知度が低いことが分かります。

「助成金をもらった」「もらう予定」の女性は約5%

実際に「助成金をもらった、またはもらう予定」と答えた女性はたったの5%。多くの女性が現時点で「助成金の該当地域」に住んでおらず、対象条件外であるということが分かりました。

助成金についての意見もさまざま。「そのような情報はどこから知るのでしょうか? なかなか情報が届きません」「東京なのにもらえません。生活にもお金がかかる地域なのに……という気持ちです」など、助成金に対する情報量不足、対象エリアの少なさ、世帯年収や対象年齢の条件に疑問の声が上がる結果になりました。

調査概要

表題:「結婚新生活支援事業費補助金(結婚助成金)」に関する実態調査
調査主体:プラコレウェディング
調査方法:Instagram ストーリーズ
調査期間:20201025日~1027
有効回答:1373 

(ガラクティ)

ガラクティ

コンテンツ制作やウェブサイト運営を行っています。ニュース記事、イベント取材やコラムなどを中心に、さまざまなジャンルの記事を執筆中です。
この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#マネーニュース」をもっと見る

MORE

SHARE