お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

承認欲求をなくす方法とは。捨てることは可能なの?

ラブホの上野さん

承認欲求が強い人、いますよね。また、自分の承認欲求に悩んでいる人もいるのでは? 承認欲求が強い原因は何なのか、抑えることはできないのか? 人気コラムニストのラブホの上野さんに教えてもらいました。

自分の承認欲求に悩んでいる方は多いでしょう。

人から認められたい。

自分のことを褒めてほしい。

その願望は食欲や睡眠欲と同じくらい人間にとって根源的な欲望であり、決して消し去ることはできません。

人間にとって「人に認められたい」という欲望はそれほどまでに大きい欲望なので御座います。

Twitterを見ていると、著名なアーティストや芸能人が「人の視線なんて気にせずに、自分のことを信じてほしい」というようなきれい事を宣っていますが、私はそんなきれい事など決して口にはできません。

彼らがそんなきれい事を口にできるのは、その実績で人から認められているからにほかならないのです。

そんなものビルゲイツさんが「お金だけが大切ではない」と言うようなものでしょう。本人は本気で思っているかもしれませんが、彼だってスラム街に生まれたとしたなら決してそんなことは言えるはずもないのです。

承認欲求はなくなりません。

たくさんご飯を食べた人がその瞬間は食欲が失せるように、承認欲求が満たされている人は承認欲求に支配されることはないでしょう。

しかしそれは所詮「満たされているから言える」というだけの話なのです。

人の承認欲求は消えません。

承認欲求は満たされないことで強くなる

人が持っている承認欲求には個人差があるのは間違いありません。

ものすごく満たされないと納得ができない方もいれば、そこそこ満たされれば納得できる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、人がどれほど承認欲求をこじらせているかは元々の承認欲求ではなく、どれだけ承認欲求が満たされているかで決まると考えるべきで御座います。

これは人の食欲で考えると分かりやすいでしょう。

食欲旺盛な大食い王だって、大食いした直後であれば食欲はほぼなくなっていますし、逆に食がものすごく細い人であっても3日くらい断食した後であればたくさん食べるのは間違いありません。

人が持っている元々の承認欲求にそこまで大きな差はないでしょう。

人の食欲にはそこまで大きな差は御座いません。大食い王だって直前まで食べていれば食欲は湧かず、少食の人でも飲まず食わずでいればものすごく食欲があるはずです。

つまり承認欲求が強く見える人は、承認欲求が強いのではなく満たされていない人ということなのです。

次ページ:承認欲求が強い人の原因

SHARE