お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

素っ気ないとは。素っ気ない男性の特徴と冷たい態度をとる理由

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

どうして? 彼氏が素っ気なくなる理由

次に、付き合っている彼氏が素っ気なくなったら。

以前は違ったのになぜ冷たい態度を取るのか。その理由を挙げて解説します。

(1)他に好きな人ができた

つらいですが、考えなくてはならないことでしょう。

彼氏が他に好きな人ができたから「今の恋人」に集中できない、という感覚です。

複数の女性を(悪いことに)一気に満足させられる男性もいるかもしれません。

しかし、ほとんどの男性は、そこまで器用ではありません。どこか上の空になるのですね。それが素っ気なさというわけです。

(2)恋心が冷めてきた

これもありえます。

上のように他の異性に限りません。貴女だけと向き合っているのに、たんに情熱が冷めてきたということもあるでしょう。

原因はさまざまです。ぜひ他の項目も参考にしてみてください。

ここで素っ気ない態度を「恋心が薄れてきたサイン」だと受け入れられるかで打てる手も変わります──もちろんつらいことは承知の上で。

(3)仕事が忙しい

何割かは、これが原因だろうと思います。

男性の仕事の状況は、年々変化します。ゆるいムードだったのが、急に鬼気迫る様子で仕事をこなしまくるようにもなりえます。この現代社会、仕事が忙しいときは、本当に忙しいものですから。

そして男性の多くは「一つのことにしか集中できない」のですね。

だから仕事に集中するあまり、恋人を疎かにしてしまうのです。男女のすれ違いあるあるでしょう。

(4)もとからシャイだった

もともと感情を表すのが苦手だった、という可能性もあります。

具体的にいえば「そもそも男性は行動や言葉で感情を表現するのが苦手」なのです。

すごくざっくり言い切るなら(たくさん例外はありますよ)オーバーリアクションや大声や「うれしい!」「好きだ!」といった感情表現をするのは、女性の方が得意なのです。

だから女性が「自分の女性としてのコミュニケーション感覚」で判断すると、その彼氏が素っ気ないと感じることがあるかもしれません。特に付き合いたての「彼氏が冷たい……!」はこれが原因だったりします。

男性ってシャイなんですよ。

(5)何か隠し事がある

浮気か、仕事か、実家の事情だってあるでしょう。

何かがおかしい時は(彼氏が素っ気ない時は)隠し事が無いかに気を付ける時です。

ここでは「何か隠し事が」とあえて大きく書かせていただきました。この視点が生きてくることもあります。

浮気だけじゃありません。彼の人生に「何か」が起きているのかもしれません。今までよりも気を付けてみましょう。

どうしたらいいの? 素っ気ない彼氏の対処法

さらに本題です。

実際、彼氏に素っ気ない態度を取られているとしましょう。一体、女性はどうすべきなのでしょうか。

(1)彼氏を観察する

第一に観察です。

答えはここには書いてありません。ヒントならばありますけれども。

なので、ここで得たアイデアをもとに彼氏を観察することです。何かおかしい点はありませんか?

答えは、目の前の彼の中にあります。

(2)反省する

自分を省みることも大事になるでしょう。

ここで気を付けてほしいのは、貴女が自己否定をする必要はないということです。代わりに「自分のどんな行動が彼をこうさせたのだろう?」という視点で見ること。

つまり「貴女」ではなく「貴女の行動」を振り返るのです。

(3)見守る

そもそも気にすることでもないのかもしれません。

例えば仕事の忙しさ、もともとのシャイさ、一時的なトラブルに巻き込まれている場合の話です。これは時間が解決してくれますよね。

私たちは「何かをしないと」と焦ってしまう生き物です。しかし「何もしない強さ」も必要なのかもしれません。

(4)ドキドキできる関係を取り戻す

すごく重要です。

男性だって(女性と同じように)恋人にいつまでもドキドキしていたい生き物なのです。もしかすると打ち解けたからと、何かをサボっていたのかもしれません。

部屋の片付けや、会話のノリ、デート先、ファッション、髪型など──ちょっと力を入れ直してみてはいかがでしょう。もし怠けていたらですけれども。

(5)こちらも引いてみる

上級者テクです。

彼に「このままでは貴方の水槽から逃げ出しますよ」と感じさせるのです。

具体的にはLINEの頻度を落とす、電話をすぐ切ろうとする、休日の予定を教えない、ふとする表情がつまらなさそう──といった感じです。

策略じみているかもしれません。しかし「手に入れると飽きる」という男性のディープな狩猟本能には効果があります。この技の存在だけでも知っておいてくださいませ。

次のページを読む

SHARE