お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

働く女性の1日の平均睡眠時間は? みんなの本音を聞いてみた

唐沢未夢

仕事が忙しいと、睡眠時間をきちんととれなかったり、寝不足状態が続きますよね。

今回は、20~30代の働く女性の睡眠時間はどれくらいなのか聞いてみました。また満足しているのか、本音についても探ってみました。

Q.平日、1日あたりの睡眠時間は平均すると、どれぐらいですか?

1: 6時間~7時間未満(35.9%)

2: 5時間~6時間未満(21.9%)

3: 7時間~8時間未満(19.6%)

4: 4時間~5時間未満(9.3%)

5: 8時間~9時間未満(4.4%)

※有効回答数429件。

睡眠時間で最も多かったのが、6時間~7時間未満でした。仕事が忙しかったり、プライベートの時間を充実させていたりと、ついつい寝る時間が遅くなりがちの人もいるかもしれませんね。自分の睡眠時間について、どのように感じているのでしょうか。

<睡眠時間に不満足>昼間に眠くなる

・「昼間眠くて仕方ないので、もっと睡眠をとりたいです」(38歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「昼間に眠くなるので満足していない」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

昼間に眠くなると、仕事が捗らない、集中できないなど弊害ばかり。もっと眠りたいと考えてしまう気持ちは、共感できますね。

<睡眠時間に不満足>睡眠時間が満足に取れない

・「満足していない。もっと寝たいけど、日常のやりたいことをしていると、寝る時間が取れない」(34歳/医薬品・化粧品/その他)

・「本当はもっと寝たいけど、帰宅時間と通勤・出社時間を考えると精一杯」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

通勤時間が長いことが睡眠不足につながっていたり、帰ってくる時間が遅くても、自分のやりたいことはしたい! と思っている人が多数。家でもやることがたくさんあるようで、ついつい眠るのを後回しにしてしまいがちのようです。

<睡眠時間に不満足>すっきり起きられない

・「寝る時間が遅くなってしまうこともあり、すっきり起きられないのでやや不満足」(36歳/生保・損保/専門職)

・「すっきり起きられないので、もう少し増やす必要があるかなとは思っています」(39歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

すっきりと起きられた朝は活動的に過ごすことができるもの。しかし、朝の目覚めが悪いと、頭や身体が重く、仕事をしていてもぼんやりしてしまいますよね。

<睡眠時間に満足>すっきり起きられる

・「すっきりと起きられるので満足している」(29歳/その他/その他)

・「いつも目覚ましをかけなくても普通に起床できているので、満足している」(38歳/その他/事務系専門職)

朝にすっきりと目覚められる人は、睡眠時間はもちろん、質の高い眠りがとれているのかもしれません。

<睡眠時間に満足>昼間に眠くならない

・「昼間眠くならないのでちょうどいい」(32歳/アパレル・繊維/その他)

・「日中に眠くなることがないので満足している」(38歳/食品・飲料/営業職)

昼間に眠くなることがないのは、夜にきちんと睡眠がとれているから。眠くならない分、仕事にも集中できるし、はかどりそうですね。

<睡眠時間に満足>睡眠で疲れがとれている

・「疲れは取れるので、満足している」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「休みの日は多く寝るようにし、仕事の日も出来るだけ睡眠時間を長くとる。疲れがとれて満足」(32歳/医療・福祉/専門職)

睡眠で疲れがしっかりとれている、という女性たちの声も。せめて休みの日だけでも、しっかり体を休めて、体力を回復させられるといいですね。

まとめ

今回の調査では、睡眠時間に満足していると答えた人はかなり少数派でした。睡眠時間を確保して疲れをとるのと、プライベートな時間を充実させたいという気持ちと、葛藤している人もたくさんいました。仕事中に眠気が出てしまってはNG。自分にベストなバランスが見つかればいいですね。

(唐沢未夢)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2020年3月10日
調査人数:448人(22歳~39歳までの働く女性)

唐沢未夢

この著者の記事一覧 

SHARE