お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コロナ禍で「デートができない」と焦る人に伝えたいこと

ウイ(恋愛コラムニスト)

緊急事態宣言が発動され、気軽にデートへ行くこともできなくなったコロナ禍の今。「デートに誘いたい、でも我慢しなくては」と多くの人が葛藤しているはずです。そんな状況で生まれた“あと一押しだったはずの恋”の進め方をコラムニストのウイさんが綴ります。

コロナウイルスが日本で初めて確認されて早くも4カ月以上が経過しました。この間、あっという間に僕たちの生活は変わってしまいました。誰もが未体験の日々の中、さまざまな情報が交錯し、なかなか終わりの見えない闘いに不安を感じていると思います。

仕事や休日の過ごし方が変わった中、テレビやネットでは報じられることはありませんが、大きく変わったことがあると思います。

恋愛です。

きっとコロナの影響でたくさんのデートが中止になり、コンパや婚活パーティーが延期になったことでしょう。

きっとそれらの恋愛の中には「あと一押しだったはずの恋愛」もあったのかもしれません。次こそは恋人になるぞ、といった恋愛です。

これらの宙ぶらりんになったままの恋愛は今、どうしているのでしょうか。今後どうなるのでしょうか。一方、スピード感のある企業はオンラインデートのサービス等新しい出会いの場を提供し始めています。

今回はそんなコロナ時代の恋愛について書かせていただきます。

この状況下でのデートはありなのか

これ、今さら書くまでもないと思うんですけど、一番大事なことなので初めに書きます。

こんだけ毎日テレビやネットで「自粛しよう。みんなで頑張ろう」って言われている中、「会おうよ」と言ってくる人、絶対にだめですよね。それがデートの相手だろうが、恋人だろうが問答無用で会うべきではありません。「公園だったらいいよね」とか「ドライブだったらいいんじゃない」とか、どんな理屈を並べても非常識です。

平気でデートに誘う人との恋愛は平気じゃない

今、みんなでコロナウイルスの感染を抑えようと必死に頑張っている中、「自分だけは大丈夫」という根拠なき自信を持ち、自分の感情を優先させ、あなたのことを危険に晒そうとする。そんな相手が良い人のわけがありません。

今、誰もが未経験の事態なんです。人が大勢死んでるんです。この先、何百年後も世界中の教科書に載るであろう緊急事態です。

それを理解できず「デートに行こう」「飲みに行こう」って言える。そういう人が、今後あなたや他の誰かに手を差し伸べる思いやりを持っているとは思えません。

コロナじゃなくても、地震、台風、大雨など、今後、そういった災害で再び僕たちの近くまで「死」が迫ることがあるはずです。今、平気な顔してデートに誘ってくる人はそんな土壇場で大切な人を見殺しにするんです。

決して大げさではありません。もし誘われてもきっぱり断ってください。ここに気を使う必要はありません。

コロナで浮かび上がってきた「恋人の本質」

もしそれが恋人であり、あなたがそのことに違和感や嫌悪感を抱いているなら、お別れするべきです。価値観が決定的に違います。

本当に相手のことを大切にする人は、今は絶対に恋人に会おうとしません。

今の行動はこの先ずっと残ります。「この人はコロナの時に私を守るために会わないでおこうって言ってくれた」という信頼となり、残るはずです。緊急事態にこそ人の本質が現れるのです。

次ページ:自粛でデートができない今、やるべき恋愛

SHARE