お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性をキュンとさせる「お疲れさまLINE」

マイナビウーマン編集部

お仕事をがんばっている男性に、ねぎらいのLINEを送る機会は少なくないと思います。せっかく送るのなら、男性が喜ぶLINEを送りたいですよね。

キュンキュンさせる「お疲れさまLINE」を送って、意中の彼を射止めちゃいましょう! 今回は社会人男性のみなさんに、男性をキュンとさせる「お疲れさまLINE」について聞いてみました。

(1)自分を褒めてくれるLINE

・「もっともがんばった部分を褒めてくれるような内容の『お疲れさま』だったら、自分のことをよく見ててくれてるんだなぁと思ってうれしくなる」(29歳/運輸・倉庫/その他)

・「何気ない行動を褒めてくれたり、感謝してくれてたりすると、自分を見ててくれてるんだぁとキュンとします」(30歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

自分のことをよく見てくれているとわかるLINEは好印象。何気ないことでも、褒められると男性はうれしいものです。どんなに小さなことでも、何か褒めてあげられることを見つけて、素直に言葉にしてみるといいかもしれませんね。

(2)かわいいスタンプつきのLINE

・「かわいらしい絵文字やスタンプとかが添えられていたらうれしい」(34歳/その他/事務系専門職)

・「『お疲れさま~』というメッセージのあとに、労りのスタンプをくれる」(28歳/商社・卸/技術職)

「お疲れさま」という言葉と共にほっこりするようなスタンプが添えられていると、思わず男性は「キュン」とするようです。

男性が喜ぶようなかわいいスタンプを、たくさん取り揃えておきたいですね。

(3)仕事終わりのタイミングでくるとうれしい

・「ほんとに疲れてるタイミングでハートフルなやつ」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「仕事が忙しいことを知っていて、終わりの時間あたりでねぎらう感じのものがくると、うれしいですね」(34歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

仕事が終わったタイミングで、ちょうどよくLINEがくるとうれしいという意見も。

忙しい男性はなかなか仕事中に返せませんし、仕事終わりの落ち着いたタイミングで「お疲れさま」と労いの言葉がきたら、誰でもうれしいですよね。

(4)「お疲れさま」にプラスひとこと

・「お疲れさまの言葉とともにねぎらいのひとことを添えてくれるようなもの」(32歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「お疲れさま以外に、今日もがんばったねとか、もうすぐ会えるねとかひとことプラスされてるとうれしい」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

「お疲れさま」とひとことだけ送るのではなく、「がんばったね」や「ゆっくりしてね」など、何かひとこと添えられているLINEはうれしいですよね。業務的なLINEにならないよう、こういった一手間を心がけたいです。

まとめ

今回は男性をキュンとさせる「お疲れさまLINE」をご紹介しました。早速明日から実践できるものばかりでしたね。

いつもの「お疲れさまLINE」に少し工夫するだけで、あなたの印象はグッと上がります。男性がキュンとするだけでなく、ホッとするようなかわいらしいLINEを送れるといいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:277人(22~39歳の働く男性)

マイナビウーマン編集部

この著者の記事一覧 

SHARE