お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

うまく話せない原因は? すぐ会話上手になれる方法

秋カヲリ(萩原かおり)

上司や目上の人など、あまり仲良くない人とうまく話せずに悩んでいる方、いますよね。今回は、心理カウンセラーの秋カヲリさんに、口下手な人でもうまく話す方法を教えてもらいます。

「口下手でうまく人と話せない」「もっと会話を盛り上げられたらいいのに……」など、もっと上手に話したいのにうまくできないと、やきもきすることありますよね。

今回は、うまく話せない人でもすぐに会話力を上げられる解決策をお伝えします。

もっと仲良くなりたい人と話すときや、好印象を与えたいときにぜひ活用してください!

人とうまく話せない原因って?

仲がいい人となら問題なく話せるのに、それ以外の人となるととたんに伝えたいことが伝わらず、うまく話せなくなってしまうのはなぜなのでしょうか? 考えられる原因を心理的側面から3つ解説します。

1.自分がどう思われるか気にしすぎている

自意識が強すぎる人は、話すときも「自分がどう思われるか」を気にしすぎてうまく会話に集中できず、ぎこちないコミュニケーションをしてしまいがち。

ひと言コメントするにも「こう言ったら頭が悪いと思われるんじゃないか」「こんな返しをしたら、つまらない雰囲気になってしまうんじゃないか」というように、どんどんネガティブ思考になって何も言えなくなってしまう人もいます。

2.失敗しないことを最優先にしている

親密な人であればすでに人間関係ができていて気楽に話せるけど、初対面の人やあまり知らない人とだとうまく話せない! という方もいますよね。

こういった方は、失敗しないことを優先して話していることが多いです。

相手のことがよくわからない段階だと、どんな話題が盛り上がるのか、どんなことに興味を持っているかなどの相場感がつかめません。

そのため「会話で失敗したくない」と考えて消極的になり、うまく話せなくなってしまうことがあるのです。

3.過去のトラウマを引きずっている

うまく話せずに恥ずかしい思いをしたり、嫌な気持ちになったりした経験がトラウマになり、会話に対して強い苦手意識を持ってしまうケースもあります。

過去と同じような経験を回避しようとするので、積極的に会話を楽しむ気にはなれず、ついぎこちない話し方になってしまいます。

こうして失敗体験ばかり積み重ねていくと、よけいに会話の苦手意識が深まってしまいます。

次ページ:だれとでもうまく話すコツ

お役立ち情報[PR]