お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

目が泳ぐ人の心理。好きな人の場合の意味とは

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

目が泳ぐ人の心理

では、目が泳ぐ人の心理とはどのようなことが考えられるでしょうか。

(1)緊張している

緊張しているのがわかります。

つい顔に力が入っているというとわかりやすいでしょう。もっともこれだけでは「なぜ緊張しているのか?」までは判断できません。シチュエーション、会話内容、貴女、いろんな原因が考えられます。

(2)嘘がバレたくない

心の中にやましいことがある場合。

隠しごとがバレないように必死におさえているところです──それが顔に出ているということなのですけれど。心理的に動揺しています。

つい目が泳いでしまうのは嘘をつきなれていない(素直な)人であることが多いです。逆にいえば顔に出さずに嘘をつける人はプロです。

(3)居心地が悪い

リラックスできていないのが原因かもしれません。

例えば有名人ばかりのパーティや、慣れない高級フレンチレストランに連れてこられた場合。めちゃくちゃ緊張しますよね。どこを見ていいかすら定まりません。

それが「目が泳いでる」となってあらわれるわけです。その意味を理解して「なんか、ここ緊張するね」と共感しつつフォローできればポイントアップになります。

(4)深く悩んでいることがある

心がダメージを受けているパターン。

例えば、直前にペットが病気になったと知らされたり、好きな人に振られた場合、楽しみにしていた予定もリラックスどころではありません。しばらく心理的なショックに囚われていることでしょう。

相手がそうだった場合、その感情を気づかってあげましょう。深く心に刺さります。

(5)頭の回転がついていかない。

司会者に無茶ぶりされてボケを考えている芸人をイメージしてください。

相手のテンポについていけない場合、それを脳が頑張って処理しようとします。そのときに顔つきまでかまっていられません。そこで「目が泳ぐ」ことになります。

ある意味、その場のペースに圧倒されている、という感じです。

次ページ:好きな人の目が泳いだら? 目が泳ぐ人の恋愛心理

SHARE