お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

真に強い男は「芯の強い男」。見極め方と落とし方

TETUYA

結婚するなら自分を守ってくれるような強い男性がいいですよね。今回はその中でも、「芯の強い男」に焦点を当て、特徴や落とす方法を恋愛コラムニストのTETUYAさんに教えてもらいました。

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

人それぞれ好きな男性の好みはあります。そして、好きなタイプは、年齢を重ねるごとに変化していくこともよくあること。

ただ付き合っているレベルであれば、正直、どんなタイプでもいいと僕は思うんですが、いざ結婚となると、女性についていく男性より、女性を引っ張っていく「強い男」がいいと僕は思います。

今回は、その中でも具体的に「芯の強い男」について書いてみたいと思います。

「芯の強い男」とは。なぜモテるのか

「芯の強い男」を定義するなら、「いざというときに頼りがいのある男」のこと。

最悪、いつもじゃなくて、いざというときでいいんです。仮に何かに迷ったときに、道標をしめしてくれる男性は、女性のマジョリティからしても人気があるのはもちろんです。

たまに、頼りがいがない男性が好きという女性もいますが、それは少数派でしょう。

次ページ:「芯の強い男」の11つの特徴

お役立ち情報[PR]