お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セックスレスが辛いあなたへ。セックスレスの原因と解消法

森林原人

カップル間のセックスレスはなぜ生まれるのか。AV男優で執筆活動を行う森林原人さんがセックスレスの定義と原因を解説。「セックスレスが辛い」と悩む人たちへ、4つの解消法を提案します。

なぜカップル間のセックスレスは生まれるのか

当たり前にセックスしていた2人がセックスしなくなってしまうには、いくつかの理由があります。

理由1:関心の欠如

身も蓋もない言い方をするなら、「(相手に)飽きる」ということです。

セックスする動機のひとつに好奇心があります。裸を見たいとか、性的なことをしてみたいとか、性的なことをしたときの相手の変化を知りたいといった好奇心が、セックスに駆り立てます。

付き合いたてカップルのセックス頻度が多いのは、好奇心が尽きていないからです。

ですが、回数を重ねていくと、裸も見慣れるし、セックスも当たり前になるし、相手の反応も予想がつくようになります。当然ながらそこに新鮮さはなく、刺激的でなくなるから好奇心も落ち着きます。

飽きるという言葉には、ポイ捨て的な投げやり感が漂いますが、好奇心の仕組みからすれば仕方がない変化です。飽きる本人も、飽きられる相手も悪くなく、どちらか一方に原因があるわけではありません。

理由2:感情と関係性の変化

付き合う時間が積み重なると、それに伴い感情が変化します。多くの場合は、相手の好意が、激しいものから穏やかなものになり、2人の関係性に対しては“不安から安心”に変わっていきます。

セックスをすることで、相手を自分のものにしたいという支配欲や独占欲が満たされることが往々にしてあるのですが、感情が変化すると、セックスをしなくてもそれらが満たされた状態でいることができるようになります。

セックスをしなくても2人の関係が揺るがないと安心できる状態は、絆が確かなものになったということです。

そうなると、セックスという非日常的で、心身ともに負荷が伴う場合が多い行為を面倒くさいと考えるようになるのも自然な流れです。

またセックスを共同作業と考えた場合、共に子育てやペットの世話に取り組んだり、共通の趣味を楽しんだり、それらが代替えになることもあるわけです。

理由3:老い

男性器のセックス機能の衰えは、この数十年で早まっている気がします。

以前は40の壁、50の崖といった感じでしたが、最近の男性から聞くと、30の壁や25の崖といった人も増えているようです。

これは、さまざまな社会的状況からストレスやプレッシャーが増しているのと、そもそもの本能が成熟していないので性欲がしっかりと育っていないという背景が考えられます。

そうなると、当然の結果として、ヤリたい盛りがアッという間に終了します。もしかしたらヤリたい盛りが一度も来ない男性もかなりいるかもしれません。

医学が進歩して寿命が伸び、老いるのが遅くなったといわれる一方で、老いるにはまだ早すぎる年代で上がってしまっている者がいるという性欲の格差社会が生まれているのです。

でもこの現状を個別に掘り下げていくと、セックスをしたいという欲求をほかのことで満たしている人が増えていて、娯楽の選択肢が多様化した社会になっただけであったりします。アニメやアイドルに注がれる情熱やSNSの充実が、性欲の代わりになっているという仮定です。

古典的な性欲は干上がっていても、新時代の欲望が生まれているので、欲望の総量としてはそんなに変わらないのではないかと考えられます。

理由4:「セックスしなくていい」という価値観の誕生

付き合っている2人はセックスするもんだというのが当たり前の時代がありました。

それが、いろいろなセクシャリティのあり方が認知されるようになると、付き合う=セックスする、と単純に考えることができなくなりました。

また、性的同意の観点からいっても、付き合っているからセックスして当然だという考え方は危険です。カップル間の性暴力を生み出す土壌になります。

加えて、“性欲が男らしさを示す”というのも固定観念にありがちですが、それも否定されるようになりました。セックスで男らしさを満たすという考えは、男性を単純にしすぎだし、その相手をする女性がないがしろになっています。

セックスすることが、性欲を持っていることが当たり前じゃないという価値観が、多様性の中のひとつとして認知されたので、セックスしなくてもいい、セックスしたくないという本音を言いやすくなっています。

それは、セックスをしないことで罪悪感を抱かないで済むし、セックスしなきゃいけないという義務感からも解放されているので、良い変化だと歓迎されています。

次ページ:セックスレスの解消法

SHARE