お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

占い専門家 生活

あなたの恋愛を象徴。「指輪の夢」が示すこと

紅たき(占い師・コラムニスト)

指輪の夢を見たことはありますか? 指輪の夢は、あなたの今の恋愛や、もうすぐ新しい出会いが訪れることを暗示しています。この記事では夢占いで紐解く、指輪の夢の意味を占い師の紅たきさんが解説。指輪をもらう、はめる、買う……など、シーン別にあなたの深層心理を明らかにします。

夢は私たちが日常では意識できていない深層心理を、シンボリックな形や表現で映し出すといわれています。夢はあなたの本音や本性を表し、自らを振り返る「気づき」を促してくれるのです。それゆえ、古来より夢は占いに発展していきました。見た夢を分析していくことで、これから起こりうることや今の運勢がわかるのです。

今回は、「指輪」の夢についてくわしく紹介していきます。

指輪の夢が象徴するのは「愛情や約束」

「婚約指輪」や「結婚指輪」のように、アクセサリーの中でも特別な意味を持っている指輪。夢の中に現れる指輪は、愛情や約束を象徴し、あなたの今の恋愛の暗示となります。

また、あなたにもうすぐ新しい出会いが訪れることを知らせる夢でもあります。それは恋人かもしれませんし、友人や仕事であることも考えられます。

指輪の数が暗示するものは?

夢占い 指輪

指輪の数によって、夢の意味はちがってきます。たくさんの指輪をはめる夢は、あなたが見栄を張っていることを示しています。本来の自分よりも裕福にゴージャスに見せたいという気持ちの表れです。

はめている指輪がひとつだったら、本当の自分をわかってほしいという思いを示しています。

指輪の大きさが暗示するものは?

夢占い 指輪

指輪の大きさによっても、夢の意味は異なります。サイズが大きい指輪をはめている夢は、恋愛も含めて人間関係があまりうまくいっていないことを示しています。まわりに求めるものが大きすぎて、期待外れなことが多いようです。

サイズが小さい指輪の場合も、周囲の人たちとの意識のズレを意味しています。その主な原因は、あなたが言葉足らずだったり、意地を張ったりしているなど、コミュニケーション不足によるものでしょう。関係修復したいなら、しっかりと相手と向き合ってコミュニケーションを取ることが大事です。

指輪の素材が暗示するものは?

夢占い 指輪

指輪の素材や種類による意味のちがいもあります。

たとえば、ダイヤモンドの指輪の夢なら、あなたの魅力や能力が最大限に輝く暗示です。恋愛や仕事がうまくいくでしょう。シルバーの指輪は、堅実さを表しています。今は何事もしっかりと地固めをするときであることを示しているのです。

冒険はせず、現状維持でコツコツとできることをするのが無難です。宝石のついた指輪の夢を見たら、約束や希望がかなえられることを意味しています。

指輪の夢は吉夢が多いですが、場合によっては凶夢もあります。

次ページ:指輪にまつわる夢が暗示するものとは?

お役立ち情報[PR]