お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

「空気が読める人」と「空気が読めない人」のちがい

すずや鈴音(元キャバ嬢ライター)

あなたの周りに「空気が読めない人」はいますか? また、彼氏や気になる男性から、「空気読んでよ~」と言われたら、ショックですよね。「空気を読む」ってよく考えれば難しいこと。この記事では、「空気が読める女性」と「空気が読めない女性」のちがいと、「空気が読める人」になる方法を解説します。

ひと昔前にすい星のごとく突如あらわれた「KY」の二文字。ええ、「空気が読めない」の略語です。

でも日常的に「あの子KYだよね~」なんて使っているものの、よくよく考えると空気を読むって難しいことじゃありません? もしかすると女性の中には彼氏から「今のところは空気読もうよ」「そこは空気読んでくれない?」などとダメ出しをされ、そのたびに落ち込んでいる人だっているのでは?

そこで今回は元キャバ嬢ライターの私すずや鈴音が空気の読めない女性の特徴とその解決策について、徹底的に解説させていただきたいと思います。

「空気を読む」とは?

空気読めない

そもそも遠い昔から協調性を大切にしてきた日本人。それもあり協調性のない人=空気が読めない人と思われがちですが、筆者個人としてはそうは思わないのです。

というのも協調性がない人と言われる人の中には、自分らしく自由に生きている人もいれば、自身の信念をかたくなに守る人もいる。いや~、かっこいいじゃないですか。そういう生き方って。

しかし! 協調性がないことにより他人に不快な思いをさせたり、迷惑をかけたりする人はもはやただの空気が読めない人です。それはかっこいい生き方ではなく、ただ自分勝手なだけの人です。

たとえるなら断りづらい飲み会でも「私は参加しません」とはっきり自分の意見が言える人はまわりに流されない自分の意見を持った人。

ただ飲み会に参加するものの、その場を自分の誕生日パーティーとでも勘違いしたのか、自分が好きなメニューだけ頼み、会話も自分のことばかりを話すだけといった感じで飲み会を進行していき、ほかの参加者を不快な気分にするのはまぎれもなく空気の読めない人なのです。

次ページ:なぜ男性から「空気が読めない」と言われてしまう?

お役立ち情報[PR]