お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

脈あり? 付き合う前の男性が「女性の腰に手を当てる」心理

高見綾(心理カウンセラー)

付き合っていない男性から腰に手を当てられたら、女性としては男性がどんな気持ちなのか気になりますよね。男性はどのような心理から腰に手を当てるのでしょうか。また、腰に手を当てられた際、女性はどう対処すればいいのでしょうか。心理カウンセラーの高見綾さんに解説してもらいました。

出かけているときや食事しているときなどに、女性の腰に手を当ててくる男性がいます。腰に手を当てられたら、女性としては男性が何を考えているのか、その心理が知りたいと思いますよね。

腰に手を当てる行為は体が密着するため、頭や顔、肩などに触れるよりも親密さを感じさせます。男性はどのような心理から腰に手を当てるのでしょうか。脈ありなのかどうかを含めて解説します。

また、女性側が相手の男性に対して好意がある場合とない場合に分けて、腰に手を当てられた際にどう対処すればいいかについてもまとめてみました。

男性が女性の「腰に手を当てる」心理

男性が女性の体に触れるときは、誰でもいいわけではなく、好意を持っている相手にしかしないと言われています。腰に手を当てるしぐさには、男性のどのような心理が表れているのでしょうか。

性的な願望

腰に手を当てる

男性にとって、女性の腰は魅力的なパーツです。本能的に触りたいと思うものなので、性的に意識していると考えられます。

体の関係を持ちたいと思ったときに、「言わなくてもわかるでしょ?」と、しぐさを通じてアピールしています。

一般的には付き合ってもいないような関係で気軽に触るにはハードルが高い場所なので、信頼関係がそこまでないのにさりげなく触ってくる男性は相当自信があるか、もしくは女性慣れしているタイプかもしれません。

この女性なら嫌がらないだろう、自分を受け入れてくれるだろうと考えている可能性があります。

距離を縮めたい気持ち

腰に手を当てる

女性に好意を抱いている場合、もっと距離を縮めたい、男性として意識してほしいという気持ちで、女性の腰に手を当てるケースも。腰を触る行為は性的な対象として見ていることを暗に表しています。

男性としては勇気のいる行動ですが、あえてすることでアピールしています。女性から拒否されなければ、少なくとも嫌われているわけではないとわかるので、反応を見て今後どうするかを判断している場合もあります。

男性の独占欲

腰に手を当てる

腰に手を当てる行為は、男性にとっては所有権を主張する行為です。付き合っていない関係だとしても、いいなと好意を抱いている女性に対しては、程度に差はあれど独占欲が生まれます。女性にとって一番の男性でありたいという気持ちが働くためです。

ほかの男性も一緒にいるときに、女性の腰に手を当てる行為をした場合は、これくらいしても嫌がられないくらい仲のいい関係なのだということを周囲にアピールし、「この女性は俺のものだ」という意思表示をしていると考えられます。

女性を守りたい気持ち

腰に手を当てる

エスカレーターに乗るときや、エレベーターに乗り込むときなど、さっと腰に手を当てるときは女性を尊重しエスコートしています。女性のうしろに立って、そっと触れることで、守りたい気持ちを表しています。

男性が女性の腰に手を当てるのは脈あり?

腰に手を当てる

腰に手が当てられると、「私のこと好きなのかな?」と思ってしまうものですよね。脈ありなのか、それとも下心なのか、見極めるポイントについてまとめました。

男性は好意を持っている女性にしかボディータッチをすることはないと言われています。中でも腰は女性にとって敏感な場所であり、性的な意味合いの強いパーツです。

片手でポンと腰に手を当てるだけだったり、ごく軽く触れる程度であったりすれば、女性と距離を縮めたい、守りたいと男性が思っています。一般的に、女性との関係を真剣に考えている男性は、嫌われたくないので、許可なく体に触れることには慎重になるものです。

女性を大切に思っていれば、恋愛アピールがあったり、気づかったりするようなそぶりがあるはずです。デートなどである程度の関係性をつくりあげたあとで、さりげなくスキンシップをしてくるようなら脈ありと捉えてもいいでしょう。

腰に手を当てる

一方で、下心は体の関係を持ちたいという性的な欲求です。出会ったばかりであったり、そこまで親しくない関係なのに、許可なく腰に触ってきたり、なでるように手を動かしてきたり、お尻などにも触れるようなことがあれば要注意です。

手を動かすということは「女性を自分のものにしたい」という欲求の意味合いが強いので気をつけましょう。女性に対する気づかいや意向を伺うような質問がなく、自分の話ばかりしているのも下心のある男性の特徴です。

腰に手を当てる男性への対処方法

あなたが好意を持っている男性から腰に触れられた場合は、ドキドキしてうれしいものですが、そうではない男性にされると困惑してしまいますよね。それぞれどのように対処したらよいか考えてみました。

あなたに好意がある場合

腰に手を当てる

好意を持っていることを、なんらかの形で意思表示してあげるといいでしょう。言葉で伝えるのは恥ずかしいという場合は、男性の目を見てはにかみながらほほえんでみるだけでもOKです。

男性も勇気を出して腰に手を当ててきていますので、受け入れるような形で男性の体に少しもたれかかってみたり、うれしそうな表情をしてみたりすれば、女性の気持ちが伝わります。お互いの好意が確認できれば、より親密になって関係が進展していく可能性が大です。

あなたに好意がない場合

腰に手を当てる

いけると思われるとエスカレートしてしまうこともあるので、誤解を招かないためにも、その気がないことをできるだけ早めに示しておきましょう

腰に当てた手をやんわり外したり、明るい調子で「ちょっと~、やだ~」と反応したりすれば男性は気づいてくれます。「まだそこまでの仲ではないので……」と言って断ったり、「好きな人がほかにいるの」という話をさりげなくしたりするのも効果的です。

もし、好意のない相手がたびたび腰に手を当ててくるのであれば、普段から隙をつくらないように気をつけるほうがいいかもしれません。

愛想がよくて、相手の目をじっと見て話す女性は、男性に「自分に気があるかもしれない」と勘ちがいさせてしまうことがあります。

好意のない男性に対しては、ボディータッチをしたり、じっと目を見つめたりすることはしないほうが無難です。2人きりにならないようにしたり、ムードがつくられる前に「今日は帰るね」と早めに切り上げたりするといいかもしれません。

腰は性的な意味合いの強いパーツ。脈ありかどうかを見極めて

腰に手を当てる

女性の腰に手を当てる行為は、性的な意味合いが含まれていることが多いです。そのため、脈ありかそれともただの下心なのかはしっかりと見極めましょう。ベタベタしてくる下心ありの男性にはエスカレートしないうちに早めにNOの意思表示をして対処しましょう。

一方、デートを重ねるなど恋愛アピールがあり、女性への気づかいをしながらさっと軽く触れてくるようであれば、脈ありの可能性が高いです。男性に対して好意があれば、スキンシップは関係が進展していくチャンスです。自分の気持ちに素直になりながら関係を進めていきましょう。

(高見綾)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]