お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

人見知りの女性の特徴って? 克服方法と恋愛のポイント

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

「人見知り」の女性は男性へのアピールが苦手だったり、リアクションを受け止められなかったりと、つまづくことが多い傾向に。けれど、人見知りだからこそのアプローチ方法もあるんです。恋愛コラムニストのひろたかおりさんが解説します。

人見知りをする性格は、気になる男性ができてもうまく自分をアピールできなかったり、相手からのリアクションをきちんと受け止められなかったり、恋愛でもつまずきがち。

ですが、人見知りをしてしまうからこそ、一方的にならないアプローチができることもあります。

人見知りを克服して恋愛を楽しむにはどうすればいいか、恋愛コラムニストのひろたかおりがお伝えします。

人見知りの特徴とは?

人見知りをする人の特徴にはどんなものがあるのでしょうか。

緊張しがち

人見知りな女性の特徴

まず、人見知りをする人は他人といるときに緊張しがちです。

リラックスできないのは、自分がどう思われているか不安になるから。「不自然じゃないかな」「おかしく思われないかな」と相手が不快になることを考えてしまうので、なかなか素の自分を出すことができません。

自然体でいたいと思っても、自分に自信がないためどうしても硬い態度や表情になってしまうのですね。

会話が苦手

人見知りな女性の特徴

人見知りをする人は、会話が苦手。

決して話したくないのではなく、緊張しているせいで相手との会話を楽しむ心の余裕がない状態です。

相手から話しかけられても、言われた言葉を柔らかく受け止めることができずにおかしな返事をしてしまったり、また次の会話のきっかけを作れなかったり。

また、そんな自分が相手にどう思われるかを気にしてしまうので、余計に言葉が出てこなくなるところがあります。

自分の感情を出せない

人見知りな女性の特徴

たとえば、好きな俳優がいて「○○って最近スキャンダルが多いよね、だらしない」とその人のことを悪く言われても、「そうだね」としか返せない。

本当は「こんないいところもあるよ」と伝えたいのに、自分の感情を出すと相手がどう受け止めるかわからないので怖くなり、何も言えなくなるのも人見知りをする人の特徴です。

「好き」「楽しい」「悲しい」など、ストレートに気持ちを表現することに慣れていないので、本心がなかなか相手に伝わらないもどかしさがあるのですね。

ネガティブ思考

人見知りな女性の特徴

人見知りをする人は、たとえば気になる男性からあいさつされても「たまたま私が近くにいただけ」「特に意味はないはず」と前向きに受け止めることができません。

気になる男性から声をかけられれば、「次は私からあいさつしてみよう」と思う女性は多いと思いますが、人見知りをする人は自信のなさが先に出るのでなかなかポジティブな考え方ができないのですね。

また、勇気を出してこちらから声をかけてみても、思った通りのリアクションがなければ「やっぱり私はダメなんだ」とすぐネガティブな答えを持ってしまうのも、人見知りをする人の特徴です。

こちらから誘えない

人見知りな女性の特徴

人見知りをする人は、自分から人を誘うことが苦手です。

誘いたくても、「断られたらどうしよう」「楽しい時間にならなかったらどうしよう」と不安ばかり思い浮かんでしまい、諦めてしまうのですね。

自分から一緒に過ごすきっかけを作れないので、男性から見れば「俺のこと、なんとも思っていないのかな」と、関係を進めることをためらってしまいます。

次ページ:人見知りは克服したほうがいい?

お役立ち情報[PR]