お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

振って後悔! 振った男性との復縁や未練を断ち切る方法とは?

ラブホの上野さん

告白を断ったり、彼に別れを告げたりするなど、振って後悔している女性へ。この記事では、自分から振ったのに後悔してしまう女性心理や、振った男性との復縁や未練を断ち切る方法について、ラブホの上野さんが解説します。

男性を自分から振ってすっきりしたはずなのに、なぜかもやもやする。

ふとしたときに気になって、あの彼を思い出してしまう……。

なぜ自分から振っておいて、後悔の気持ちを持つものなのでしょうか?

今回は、そんな自分から振ったのに後悔している女性へ、後悔する理由や復縁したり未練を断ち切ったりしたいと思ったときの対処法を解説させていただきます。

自分から振ったのに、後悔してしまう女性心理

告白してくれた男性を振ったり、自分から彼に別れを告げたりしたとき、後悔してしまう女性がいます。

それぞれの場合、どういった心理状況により後悔の気持ちを持ってしまうのでしょうか?

告白してくれた男性を振ってしまった場合

街でいきなり知らない人から「あげます!」と言われ、1万円札を突き出されたとして、受け取れる人間がどれだけいるでしょうか?

もしかすると、「理由がないと怖い」とか「何か裏がありそうで怖い」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にこのような状況になったらそんなことを考えているひまはありません。

「いきなり知らん人からしゃべりかけられた! 逃げろ!」でしょう。

それが1万円札だったかどうかすら、きちんと判断することなく逃げてしまうのです。

突然の告白を断ってしまう女性も、根本的にはこの心理とあまり変わりません。

相手が好きかどうか、相手がイケメンかどうか。

そんなことはあまり重要ではなく、単純にいきなり言われてビックリしたら、とりあえず人間は「NO!」と言ってしまう生き物なので御座います。

付き合っている彼氏を振ってしまった場合

付き合っている彼氏を振ってしまって後悔している女性の多くは、「突発的な喧嘩」で別れ話になってしまったことでしょう。

何カ月もダラダラと倦怠期を続け、いよいよとなって別れたような場合は、あまり別れを後悔したりはいたしません。

別れの予兆がなかったのに、ある日急にムカっとなって売り言葉に買い言葉で別れてしまったような場合にこそ、別れを後悔するものでしょう。

つまり、一時の感情で別れてしまったからこそ、人は別れを後悔するのです。

次ページ:どうして自分から振ったのに後悔してしまうの?

お役立ち情報[PR]