お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

彼ママに秘密がバレた話 #彼ママ事件簿

パンジー薫

「彼ママ」……それは幸せな結婚をつかむために、必ず攻略しなければいけない壁。いわばラスボス。知られざる彼ママの生態や攻略法を知って、彼とのゴールインを目指そう! 彼氏大好き乙女・ぴぴ子(27歳)が、毎回ひとりゲストを招き、彼ママとの間に起きた珍事件を教えてもらいます。

登場人物

ぴぴ子(27歳):付き合って3カ月目の彼氏が盲目的に好き。いつか結婚できると信じてプロポーズを待ち続けている。素直で愛嬌があるが、たまに失言をしてしまう一面も。

今回のゲスト・あやこ(27歳):清楚で洗練された見た目から、よく都会育ちだと勘ちがいされるが、実は田舎出身の美女。ぴぴ子とは大学時代に知り合う。ある“秘密”が原因で彼氏に振られたばかり。

ぴぴ子:マイナビウーマン読者のみなさま、こんにちは♪ ぴぴ子です。もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィークですね! しかも今年は10日間の大型連休。ぴぴ子はボーナス払いで彼氏とモルディブ旅行に行ってきます。うまくいけば、非日常的なシチュエーションに浮かれた彼が思わずプロポーズしてくれるはず。フフフ。さて、今回はどんな彼ママが登場するのでしょうか。

あやこ:世の中にはいろんなゴールデンウィークの過ごし方があると思ってたけど、まさかプロポーズの陰謀に利用するとは……。夏のボーナスまで突っ込んじゃうあたり執念のすごさを感じる。

ぴぴ子:陰謀だなんて人聞きの悪い! 彼がプロポーズしやすいよう、背中をそっと押してあげるだけだもん。

あやこ:はいはい。どうでもいいけど「成田離婚」ならぬ「成田破局」しないようにね。旅行先ではいろいろ相手のことが見えるからさ。知りたくなかった秘密とかね……。

ぴぴ子:私たちの間に秘密なんてないもん!

あやこ:それはどうかな。誰にでも他人に知られたらドン引きされちゃう秘密のひとつやふたつはあるものよ。

ぴぴ子:あやこちゃん、彼氏と別れたばっかりなんだっけ? まさかと思うけど、その“秘密”とやらが振られた理由と関係あるの?

あやこ:ご名答。

ぴぴ子:ひゃ、当たっちゃった。でもでも! どんな秘密があろうと、あやこちゃんみたいな美女を振るなんて、今ごろその彼は後悔してるんじゃない?

あやこ:それはどうかな。彼のお母さんに嫌われちゃったから。

ぴぴ子:彼ママに⁉ どうして?

あやこ:実は私、別れる半年前から彼の部屋に入り浸って、半同棲状態になっていたんだ。

ぴぴ子:いいなぁ。「半同棲」なんて憧れる~。

あやこ:でも、半同棲をはじめてから私の「だらしなさ」が彼にバレちゃって。見た目でよく誤解されるんだけど、私ってば超ずぼらなの。洗濯ものや洗いものはためるし、洋服も脱ぎっぱなしにするし。

ぴぴ子:えええ⁉ 意外すぎる……!

あやこ:こんなんじゃダメだって思ってたんだけど、面倒くささには勝てなくて。だけどある日、息子の暮らしぶりを見ようと彼ママがこっそり家に遊びに来て、私の脱ぎっぱなしの下着をいたるところで発見しちゃったの!

ぴぴ子:彼ママに下着を見られるなんて、ぴぴ子だったら恥ずかしくて爆死しちゃう!! てか「いたるところ」って!?

あやこ:えっと、まず洗う前の衣類がモリモリたまった洗濯カゴの中でしょ、それからリビングの床、寝室、キッチン、トイレ、玄関……。

ぴぴ子:ほんとにいたるところだった! そして“秘密”とか言ってるけど、キッチンやトイレに脱ぎっぱなしにするあたり、隠す気なんてさらさらなかったよね?

あやこ:そんなことないよ! 彼は料理しない人だったから、キッチンなら見つかりにくいだろうと思ってシンク下に置いたの。あとトイレは「トイレタンク」の中だし……。

ぴぴ子:主婦のへそくりみたいな場所に隠すな! それじゃあ彼ママに嫌われてもしょうがないよ。

あやこ:でもさ、私に会ったこともないのに「恋人の家に使用済みの下着をへそくりのように隠す不気味な子とは別れなさい」って彼に言うなんてひどくない? 隠したのは私なりの彼への配慮だったのに……。

ぴぴ子:配慮の方向おかしくない!? そしてまさかの面識なし!? じゃあ彼ママはあやこちゃん本人より先に、あやこちゃんのパンツと対面しちゃったのか。何そのホラー。

あやこ:そうなの。だから近いうちに手土産を持って釈明しに行こうかと思っていて。彼と復縁できなくてもいいけど、せめて彼ママの中の私のイメージを「パンツ」で終わらせたくないからさ。

ぴぴ子:うん、そうだよね。ゲームオーバーになるにしても、せめてラスボス(彼ママ)に会っておきたいよね! がんばってあやこちゃん、応援する!

あやこ:ありがと、ぴぴ子~!

 

~後日~

あやこ:ぴぴ子~、やっぱり私、ラスボスに会うにはまだ早かったみたい(泣)。

ぴぴ子:何があったの⁉

あやこ:彼ママに会って、釈明したところまではよかったんだけどね。手土産を渡すときにバッグに隠してた“秘密”がポロリして、一緒に渡しちゃったの……!!

ぴぴ子:えええっ⁉

あやこ:朝バタバタしてて、着替えたときに無意識に下着もバッグに入れちゃっていたみたいで。

ぴぴ子:無意識にバッグに入れないで! 彼ママ大丈夫だった?

あやこ:「異物が混入してる!」って言って、お土産を買ったお店のせいにしてみたけど、「このパンツ娘!」って追い帰された(泣)。

ぴぴ子:ひい~!

あやこ:しかも彼ママ、私が彼の家に隠していた下着を持って帰っていたみたいで、「帰れ!」って投げつけてきた!

ぴぴ子:節分みたいな修羅場を経験したんだね(笑)。

あやこ:笑いごとじゃないよ!

ぴぴ子:あやこちゃん、今回で懲りたでしょ。これからは下着を脱いだらきちんと洗ってクローゼットにしまう習慣を身につけよう。

あやこ:うぅ。

ぴぴ子:そして悪い癖は“秘密”にして隠そうとするんじゃなくて、直そう。あやこちゃんの話を聞いて、いや聞く前から思っていたことだけど、やっぱり恋人の間で“秘密”は持つべきじゃないと思うの。うまくいくはずの関係も、秘密があるとこじれちゃうと思うから。

あやこ:そっか……、そうだよね。実は私もいい加減、隠す場所に困っていたの。ありがとうぴぴ子。さっそく帰って、たまった洗濯ものを片づけるわ。

ぴぴ子:その意気!

あやこ:うん!

ぴぴ子:読者のみなさんも、恋人に“秘密”や“隠しごと”はしないように……! 彼ママにはすべてお見通しですからね!

(文:パンジー薫、イラスト:まめ)

※登場人物の設定は一部フィクションです

お役立ち情報[PR]