お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 恋愛

初対面の彼ママにされた「ありえない言動」 #彼ママ事件簿

パンジー薫

「彼ママ」……それは幸せな結婚をつかむために、必ず攻略しなければいけない壁。いわばラスボス。知られざる彼ママの生態や攻略法を知って、彼とのゴールインを目指そう! 彼氏だいちゅき乙女・ぴぴ子(27歳)が、毎回ひとりゲストを招き、彼ママとの間に起きた珍事件を教えてもらいます。

登場人物

ぴぴ子(27歳):付き合って3カ月目の彼氏が盲目的に好きすぎる乙女。いつか結婚できると信じてプロポーズを待ち続けている。素直で愛嬌があるが、たまに失言をしてしまう一面も。

今回のゲスト・ゆかり(27歳):ぴぴ子の中学時代の同級生。付き合って1年の彼氏がいる。幼少期に将棋をはじめ、「神童」と呼ばれていた過去を持つ。現在は将棋教室を経営。ひそかな悩みは、まわりにいる彼氏以外の男性が老人か子どもであること。

ぴぴ子:はじめまして、みんなのアイドルぴぴ子です! この連載では、毎回ゲストをひとり招いて、彼氏の大好きなところを幸せいっぱいにノロけてもらいます。記念すべき第1回は私、ぴぴ子の彼氏の話☆ 彼とは3カ月前に付き合いはじめたばかりで、この前風邪を引いている彼に卵のおかゆを作ってあげたら、「ぴぴ子の愛情が詰まっていておいしいよ」って言ってくれたんです~! うれぴよ!

ゆかり:おい、嘘つくな。彼に「俺の母さんは、風邪のときは卵かゆじゃなくて生姜かゆを作ってくれたんだけどな」って不満こぼされた、って言ってたじゃん。しかもその話だけ聞くと、彼氏さん相当マザコ……

ぴぴ子:うるさい! 男性はみんなお母さんが大好きだって聞いたことあるもん!

ゆかり:全員がそうとは限らないし、人によって程度はちがうけどね。ていうか、その死ぬほどつまらない連載案も嘘だよね? 真の連載は、彼ママにまつわる珍事件を紹介する【彼ママ事件簿】でしょ?

ぴぴ子:つまらないって言うな! まだ見ぬ彼ママに恐れをなして、ちょっと現実逃避したくなっただけなんだからっ!

ゆかり:もう、この連載のMCはぴぴ子なんだからしっかりしてよ。私は今回のゲスト、ゆかり。ぴぴ子とは中学時代の同級生。いまは将棋教室を経営していて、付き合って1年になる彼氏がいます。今日は、2カ月前に初めて彼の実家にお邪魔したときの恐怖体験をお話しますね。

ぴぴ子:ひいいい!! 彼ママに会うのも初めてだったんだよね。どうだった?

ゆかり:「ゆかりちゃん、よく来てくれたね~」ってあたたかく歓迎はしてくれたよ。

ぴぴ子:その「は」って何? 気になる言い方だけど。

ゆかり:リビングの談笑タイムでね、彼ママが私に一切話を振ってくれなかったの。

ぴぴ子:中学生女子のイジメじゃん!

ゆかり:まるで私なんていないかのように、彼にばかり話しかけてさ。私は目の前で繰り広げられる2人の会話を聞きながら、昔バスケの授業で全然パスを回してもらえなかったときのデジャブを感じていたよ。

ぴぴ子:悲しいデジャブ……。

ゆかり:しかも、仕事から帰宅した彼のお姉さんも参戦しはじめて、今度は3人だけで会話の華麗なパス回しをはじめたわけ。

ぴぴ子:お願いだからゆかりにもパスを回してあげて!!(泣)

ゆかり:談笑タイムがはじまって20分後、やっと私に回ってきたよ……。あれだけ渇望したパスが、思いもよらない変化球でね。

ぴぴ子:口調が急にホラーテイスト。

ゆかり:彼ママったら、私が買ってきた手土産を見て「そういえば、元カノちゃんは○○のケーキをよく買ってきてくれたよね。おいしかったな~」とか、私の仕事の話をすると「たしか元カノちゃんは△△社に勤めていたわよね? 優秀だわ~」とか、いちいち私と元カノを比較するの!

ぴぴ子:イヤアアアアつらい! 彼氏に元カノとの思い出話をされるだけでも死にたくなるのに!! それを聞いて、彼はフォローしてくれなかったの?

ゆかり:全然。「助けて」って目線を送っても、困ったような顔をするだけ。

ぴぴ子:情けない男だな……。

ゆかり:私が帰るとき、彼ママが満面の笑みで「また来てね」って言ってきたのもゾッとしたわ。

ぴぴ子:絶対にまた来たくない。

ゆかり:でも、私はその笑顔を見てひらめいたの。「彼ママと一緒に元カノを褒めちゃえばいいんだ」って!

ぴぴ子:どういうこと? 彼ママに痛めつけられすぎて頭のネジがぶっ飛んだの?

ゆかり:私はいたって正常よ。その1カ月後、また彼の実家に行くことになったから、私はあらかじめ元カノの情報を調べておいたわ。このご時勢、名前や会社名さえ知っていれば簡単にネットストーキングできるものね……。

ぴぴ子:ねえ、この人こわいよ!!(泣)

ゆかり:そして当日、勝負の談笑タイム。彼ママの「元カノちゃんは~」って攻撃がくる前に、自分から「元カノちゃんは~」ってジャブを打つようにしたわ。

ぴぴ子:もしかして、一緒に元カノを褒めることで同士と見せかける作戦?

ゆかり:そのとおり。そして、彼ママが少しでも元カノちゃんに対して不満げな発言をしたら、とっさに「元カノちゃんってそういうところありますよね~」って同調してから、「実はほかにもこんなところがあって……」って、元カノを貶めるネタを提供するの。

ぴぴ子:今度は共通の敵を作って団結する、か。

ゆかり:途中で彼のお姉さんも帰ってきたから、3人で元カノの悪口大会を繰り広げたわ。隣にいた彼はドン引きしていたけどね。

ぴぴ子:彼に嫌われるリスクを負ってまで、彼ママを攻略しようとするなんて……!

ゆかり:手間はかかるけど、効果はすでに実証済みよ。おかげさまで、それからすっかり彼ママと仲よくなったわ。彼ママを制すには、将棋の駒「飛車」のように縦横無尽に動けないとね。

ぴぴ子:さすが神童と呼ばれていた女!

ゆかり:ありがとう。あ、今日これから彼ママとららぽーとでショッピングの約束だから、もう行かなきゃ。

ぴぴ子:すごいよ、2人で買い物に行く仲になったなんて!

ゆかり:攻略しちゃえば彼ママなんて怖くないし、逆に強い味方になってくれるよ。ぴぴ子も「彼ママ怖い~」って怯えてないでがんばって。

ぴぴ子:あ、ちょっと待って! 私の彼氏、お母さんに元カノの話をしたことがないらしいんだけど、その場合はどうすればいいの!?

ゆかり:それは……

ぴぴ子:それは……!?

ゆかり:次回のゲストに聞いて!


ぴぴ子:投げ出さないで神童!!(泣)

(文:パンジー薫、イラスト:まめ、構成:マイナビウーマン編集部)

※登場人物の設定は一部フィクションです

お役立ち情報[PR]