お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

同棲中の部屋に彼ママが乗り込んできた理由 #彼ママ事件簿

パンジー薫

「彼ママ」……それは幸せな結婚をつかむために、必ず攻略しなければいけない壁。いわばラスボス。知られざる彼ママの生態や攻略法を知って、彼とのゴールインを目指そう! 彼氏だいちゅき乙女・ぴぴ子(27歳)が、毎回ひとりゲストを招き、彼ママとの間に起きた珍事件を教えてもらいます。

登場人物

ぴぴ子(27歳):付き合って3カ月目の彼氏が盲目的に好きすぎる乙女。いつか結婚できると信じてプロポーズを待ち続けている。素直で愛嬌があるが、たまに失言をしてしまう一面も。

今回のゲスト・杏奈(28歳):ぴぴ子の大学時代の先輩。あることがきっかけで、大学で宇宙人研究サークルに入部した過去を持つ。現在は、大手企業で事務として働きながら、週末に宇宙人と交信している(らしい)。今月から中央線沿いエリアで彼氏と同棲をはじめた。

ぴぴ子:マイナビウーマン読者のみなさん、こんにちは♪ ぴぴ子です! 記念すべき連載2回目ということで、ぴぴ子が今朝彼に言われてキュンとした言葉をノロケさせてもらいますね。「君の寝顔はまるで天使のようだ、マイエンジェル」だって……。きゃ~~~!

杏奈:おい、嘘つくな。本当は「寝てるとき、口開けっぱなしでヨダレ垂れまくってたよ?」って言われてショック~! ってさっき騒いでたじゃん。まだ交際3カ月目なのに、そんな失態見せてヤバくない?

ぴぴ子:うるさい! 「男子は好きな女子につい意地悪を言っちゃう」ってお母さんが言ってたもん!

杏奈:それは、好きな人にどう接していいかわからない子どものころの話だよ。大人の男性はそんなことしません。それより、いつか彼ママを攻略するために、彼ママとの珍事件を教えてほしいんじゃなかったの?

ぴぴ子:それはあくまでマイナビウーマン編集部が決めたテーマであって……。

杏奈:勝手なことばかり言って逃げてないで、ぴぴ子は彼と結婚したいんでしょ? それなら、彼ママの攻略方法を知っておかないと。

ぴぴ子:はあ、気が重い……。そういえば先輩はこの間、彼の実家に行ってきたんでしたっけ?

杏奈:そうそう。同棲をはじめることになって、その前に念のためご挨拶を。もう部屋は決まって、入居審査結果待ちの段階で会ってきたわ。

ぴぴ子:結婚前に同棲なんて、ぴぴ子は彼ママが怖くてできない!

杏奈:私は、同棲しないで結婚するほうが怖いけどね。相手の生活の癖は知っておきたいし。とにかく、彼ママと初対面を終えたわけだけど、正直言って相手をナメてたわ……。

ぴぴ子:えっ?

杏奈:彼のママは、ゲン担ぎ風水おばさんだったの!

ぴぴ子:縁起がいいのか悪いのかわからない!

杏奈:小柄でかわいらしいお母さんだったし、同棲も快く承諾してくれたから、完全に油断していたわ。私が、一緒に住む家のことをくわしく話しちゃってね……。やけに「新居があるエリア」や「方角」、「建物の色」や「周辺環境」について聞いてきたの。とりあえずその日はとやかく言われなかったから、気にせず帰ったのよ。

ぴぴ子:ふむふむ。

杏奈:でも後日、彼の携帯に彼ママから「今年は西の方角に住むのは風水的によくないから、東の方角にある住居にしなさい」ってメールが来てさ。私は正直、風水とかパワースポットとか信じないタイプだから、彼ママの意見なんかスルーしてさっさと同棲したかったんだけど、彼がその意見に賛同しはじめちゃって。だからしょうがなく入居審査を辞退して、東にある別の住居を探すことにしたの。

ぴぴ子:いやいや、なんで彼はそこで賛同した!?

杏奈:彼はすっかり彼ママの風水話を信じきっているみたいで。それで、この間やっと新居が決まって引越しも終わったところ。方角は諦めたけど、家具やインテリアは全部IKEAでお気に入りの物を買いそろえて大満足よ。

ぴぴ子:何はともあれ一件落着してよかったですね!

杏奈:……それなのに‼ あの女っ!

ぴぴ子:急に彼ママを「あの女」呼ばわり!?

杏奈:なんと昨日、突然私たちの部屋に乗り込んできたのよ。そして部屋全体を隅々までチェックして、「ドアにネームプレートを飾っていると運気が下がるわよ!」だの「グレーのバスマットは敷いちゃダメよ! 水の気と相性が悪いから!」だの、ドン小西の辛口ファッションチェック並に風水チェックを繰り広げてきてもうウンザリ!

ぴぴ子:ドン小西好きだからディスるのやめて!

杏奈:結局、彼ママの合格がでなかった家具やインテリアはリサイクルショップ行きになったわ。

ぴぴ子:もったいない。IKEAの家具が泣いてますよ。

杏奈:でも一番ウンザリしたのは、彼ママに一切反論しない彼氏よ。結婚するなら彼には変わってもらわないと。母親に反論できないままじゃ困るから、今、風水を使って仕返し中。

ぴぴ子:風水で?

杏奈:運気アップのためって言って、無理やり赤や紫色のド派手なパンツを穿かせてるの。フフフ。なんでもかんでも「運気をあげるため」に選ぶとどうなるか、思い知らせてるわ。

ぴぴ子:彼ママよりも先輩のが怖くなってきた……。先輩は結婚する前に、切れると暴走するところ直したほうがいいですね。そのままだと大学時代の元カレみたいに、ある日突然、今彼が置手紙を残して逃げちゃうかもしれませんよ?

杏奈:ぴぴ子……? 元カレは逃げたんじゃなくて宇宙人にさらわれたって何度言えばわかるの?

ぴぴ子:ひっ。そ、そうでしたね。だから今も先輩は週末になると宇宙人と交信してるんですもんね。

杏奈:そうよ。とにかくぴぴ子も、彼ママを攻略したいなら、彼ママの言うことには逆らわないで聞き分けよくしたほうがいいわよ。お気に入りの家具はなくなっちゃったけど、彼ママと私の関係は良好だから♪

ぴぴ子:は、はい……(私の彼ママは風水好きじゃないといいな)。

(文:パンジー薫、イラスト:まめ、構成:マイナビウーマン編集部)

※登場人物の設定は一部フィクションです

お役立ち情報[PR]