お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド ダイエット

ひたむきに腸活にとり組む女性たち。でも満足しているのはわずか36%

フォルサ

TEKITOが、全国20代〜40代の女性を対象に「女性のお通じに関するアンケート調査」を実施しました。この結果、「お水を積極的に飲む(59.3%)」「食事に気を遣う(48.1%)」「腸マッサージをする(28.4%)」といった、さまざまな腸活をしているにも関わらず、自身の腸活に満足しているのは36.2%ということがわかりました。

7割近くの女性が便秘症を感じていることが判明!便秘症と肥満は関係する!?

「ご自身を便秘症だと感じますか?」との質問に、「感じる」と回答したのは28.4%。「たまに感じる」の38.5%と合わせると66.9%の女性は便秘と感じていました。その症状としては、「お腹が張る」「体重が増える」「お肌が荒れる」など。

便秘症の女性に「ご自身は太りやすいと思いますか?」と質問したところ、74.2%が「はい」と回答しています。

「便秘でやらかしたエピソードを教えてください」という質問には、「就職の面接の時にお腹が痛くて集中できなかった」、「ヨガをしている最中、静かな時におならをしてしまいはずかしかった」などが挙げられています。みなさん、辛い思いを経験しているようですね。

便秘に効くのは乳酸菌!?

食生活に気をつかっている女性たちが「便秘に効くと思う食べ物」として挙げられたのは、「ヨーグルト」が63.8%でトップ。「納豆」12.5%、「牛乳」8.8%、「キムチ」3.2%と、発酵食品が便秘には効果があるという認識があるようです。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]