お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼氏が「一緒に寝る彼女」に何もしない理由とは?【男性心理】

TETUYA

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

一緒にベッドに入ったのに、彼女に手を出さない男性がたまにいます。なぜ? 僕には考えられないシチュエーションですが(笑)。女性としても、「なぜ? 私に問題があるの?」と自信をなくしてしまうことがありますよね。

今回は、一緒にベッドに入ったのに手を出さない男性心理について紐解きます。

彼女と一緒に寝るときの男性心理とは?

まずは、彼女との関係性によって、男性心理はちょっとちがいます。

まだ、知り合って日が浅い関係なら「一緒に寝る=必ず手を出したい」とシンプルに思う男が多いです。それは、まだ彼女との愛の絆が築けてないと感じているから。そんな状態なのに、手を出してこないタイプは、きっと男に問題があります。あとで詳しく説明しますね。

逆に、彼女と付き合って1年以上の長い関係になってくると、「一緒に寝る=必ず手を出したいわけではない」となってきます。それは、ある程度の年数を重ねたことで、お互いの愛の絆ができたと思っているので、必ずしもエッチをしなくてもよいのです。キスだけでも十分だと思う男性もいますし、一緒に寝るだけでも心は満たされているわけです。これを俗にいう「マンネリ」とも呼ぶかもしれませんが(苦笑)。

だから逆にいうと、マンネリ期に突人した男性は、ベッドに一緒に入るとエッチをしなければいけない義務感をたまに感じることが正直ありますね(苦笑)。

彼女と一緒に寝るときに男性が期待することとは?

まだ絆が築けていない日が浅いカップルであれば、自分の誘いに、同じテンションで乗ってきてほしいというのが一番です。さらにいうなら、彼女自ら誘ってきても、喜んで受け入れるくらいの態勢は整えています。逆に断られたら、プライドがズタズタでかなり凹んでしまいますね。

一緒に寝るだけで「何もしない」のはなぜ?

日が浅い2人か、そうでない2人かによっても、手を出さない理由は変わってくるので、僕が考えられるいろんなパターンを想定して細かく解説します。

大事にしたい(日が浅い)

これは日が浅い2人に限って、たまにあることです。男性がとてつもなく真面目なタイプ。あまりにも彼女を大切に思うがあまり、一緒に寝てもすぐに手を出さないと決め込んでるケースがあります。心の中で「今までの男たちとちがうぞ!」といいたいんです(笑)。いずれは手を出してくると思いますが、こういうときは、女性からリードしてあげるといいですよ。

エッチに自信がない(日が浅い)

男はプライドの生き物です。いろんな意味で自分のエッチに自信がないあまり、手が出せないタイプがいます。どう仕掛けていいかわからないんです。エッチの経験がない男もこのカテゴリーに入ります。ほかにも、女性のほうが自分より経験が多そうだと思い込んでビビっていることもあります。どちらにしても、このカテゴリーの男性は、女性の扱いに慣れているかどうかをお付き合いの序盤で判断することができるので、もし、自信がないタイプだとわかったら、やさしくしてあげてください。

エッチがマンネリ(付き合いが長い)

付き合いが長くなると、どうしてもマンネリはうまれるものです。2人の間に愛の絆が築かれた瞬間から、だんだんエッチの頻度は減ってきます。だから、一緒に寝ているときに「あれ、手を出してこなくなったな?」と思ったら、よくいえば、愛の絆が築けたということですし、悪くいえば、マンネリ期に突入したと思ってください。

本当に疲れている

付き合いの長さに関係なく、ただただ疲れている場合があります。疲れているときほど、男は子孫を残そうするスイッチが入って、そういうことがしたくなるという人もいますが、それは、嘘だと思います(苦笑)。本当にヘトヘトに疲れているときは、何もせず、ゆっくり休息したいですよね。

何もしない彼を上手に誘うには?

いくつか男性の鈍感具合に合わせて段階的に考えてみました。

言葉でストレートに誘ってみる

積極的な女性なら、言葉でストレート「エッチしよう?」とかわいく誘ってみてもいいと思います。男性でも鈍感なタイプは、ストレートに言葉で誘わないとわかりません(笑)。そして、意外とこの言葉をいわれることは嫌じゃありません。

自分の体を彼に押し当てる、触る

自分のキャラ的にストレートに言葉に出せないタイプだと思ったら、自分の体を男性に押し当てたり、男性の体を必要以上に触ったりしてみてはどうでしょうか。普通の男なら、彼女が求めていることはわかります(笑)。

腕枕を勝手にやる

露骨にボディタッチもできないくらいのシャイ中シャイなタイプなら、自然に彼の体に触れる方法を教えましょう。彼の腕を自分の頭の下に入れて、腕枕を作って彼に触れてみましょう。これだとちょっと彼に近づく理由にもなりますよね。

何もしてこなくても、安心して!

女性は基本受け身ですから、手を出されないと、「自分に魅力がないの?」と不安になることがあると思います。でも安心してください。手を出されない原因は、女性じゃなく、男のほうに全面的にありますから。どうしても、女性に対しては、いいとこ見せたい! かっこつけたい! とベッドの中でも思っています。

そして、長年つき合っているカップルの大半に訪れる、マンネリからのセックスレスもあります。もし、今回のシチュエーションに遭遇したら、どちらのタイプか判断して、男性心理を理解してもらえるといいなと思います。

(TETUYA)

※画像はイメージです。

お役立ち情報[PR]