お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

デリカシーがない男性の特徴とは? 性格や心理・対処法を解説

小日向るり子

デリカシーのない男性の特徴とはどのようなものなのでしょうか。今回は、心理カウンセラーの小日向るり子さんが、デリカシーのない男女の特徴と、隠された心理、対処法を解説します。

愛しているから付き合っているけれど、もう少しデリカシーを持ってくれたら……と彼に不満を抱いている女性はけっこう多いのではないでしょうか。

また、上司や同僚など、職場にいる男性のデリカシーがない発言に傷つけられた人もいるかもしれません。

今回は、デリカシーがない男女の心理を紐解きながら、傷つかないための対処法や改善策をお伝えしたいと思います。

デリカシーの意味とは

まず「デリカシー」の言葉の意味ですが、三省堂大辞林第3版によると「感覚・感情などのこまやかさ。繊細さ。微妙さ」となっています。

つまりデリカシーのない人というのは「他人の心の微妙な機微が読めない人」という意味で、ネガティブな意味合いで使われることがほとんどです。

人前で平気でオナラをするといったような行動もそうですが、具合が悪そうな女性に「生理なの?」と聞いてしまうような発言も同じ。

つまり、行動、発言あるいは両方において他人を不快にさせてしまう言動に使われます。

「無神経」との違い

「○○さんってほんと無神経だよね」のように、デリカシーがないことを「無神経」という言葉で表す場合もあります。

無神経とは、物事の感じ方が鈍いこと。人の気持ちをくみ取ったり、自分が恥をかいたりすることに対して鈍感な様子を指します。

言葉の意味を厳密に分けて考えることは難しく、「デリカシーがない」も「無神経」もほぼ同じ意味として捉えて問題ないでしょう。

デリカシーがない人の心理とは

デリカシーのない人の心理ですが、男性の場合は他人に興味がないというタイプが多く、女性の場合は他人に興味がありすぎる、という方が多いです。

男性の場合はそもそも自分が他人に興味がないので、逆に他人が自分をどう思うかということに想像力が働かず、それがデリカシーがない言動になりやすいです。

一方、女性の場合は人の私生活に過剰に興味があるために、つい口や手を挟んでしまい、結果的にデリカシーに欠けると思われてしまいます。

女性特有の心理はいわゆる嫁姑問題に代表されますよね。このように、心理状態としては男女で真逆なのですが、どちらも根本には「人との向き合い方が適切ではない」という状態があるのです。

次のページを読む

SHARE