お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

結婚相手は運命で決まっている? 「運命の人」を引き寄せるコツ

仁科友里

こんにちは、ライターの仁科友里です。

結婚相手のことを「運命の人」といういい方をすることがありますよね。この文脈で使う“運命”とは「ロマンチック」とか「非凡」とほぼイコールの意味で使われていると考えていいでしょう。

たとえば、少女漫画では、子ども時代に恋心を抱いていた幼馴染(イケメンで、だいたい金持ちに成長している)と再会して恋に落ちたりします。約束したわけでもないのに、偶然に偶然が重なって、何度も出会ってしまう。こういう偶然を“運命”だと思っている女性は多いのではないでしょうか。

人生に“運命”があるかないかでいえば、私はあると思います。

が、ちょっと待って。婚活相談を受けている身からすると、この“運命”という言葉はときにみなさんを危険に陥れたり、婚活を邪魔したりする悪魔の言葉でもあるのです。

そこで、今日は「運命」について考えてみましょう。

結婚相手は運命で決まっているの?

結婚相手は運命で決まっているのかというポイントからです。

結婚における「運命」ってどういうこと?

まず理解しておいてほしいことは、運命の人と結婚するのではなく、結婚した人が運命の人ということです

運命という言葉は、辞書によると「人間の力を超越して、人に幸・不幸を与える力」とあります。人智を超えた力ということかもしれません。

その「人間の力を超越したもの」を信じすぎている婚活中の女性にありがちなのが、運命を過信すること。以下、3パターンを挙げてみます。

(1)運命の相手と出会えたら、すべてはうまくいくと信じてしまう

自分から動かない(運命の相手は突然にあらわれるので、がつがつとした婚活は運命ではないと感じてしまう)。平成の真ん中あたりまでは、「男性が女性を誘うもの」という暗黙のルールがありましたが、男女平等教育を受けたみなさんの世代は「男だから誘う」という考え方をしません。その結果、男性がぐいぐい来ることもなく、何も起こらず、ただときだけが過ぎてしまいます。

(2)周囲に反対されるなど、波乱万丈な恋愛こそが運命だと信じてしまう

親や友だちなど近しい人が、どうも彼にいい感情を持っていないということがあります。親の意見が絶対だとはいいませんが、冷静に「なぜ反対されるのか」を考えてみてほしいのです。一般的に考えるのなら、何も理由がないのに反対されることは、あまりないと思います。しかし、運命論者は「こんなに好きなのに」と問題を棚上げし、「激しく反対されるほど、運命」とひとりで盛り上がってしまいます。

(3)王子さまみたいな男性から求愛されることが運命だと思っている

3つの中で、もっとも厄介な“運命病”だといえるでしょう。みなさんは婚活アプリなど、ネットで知り合った人と会うことに抵抗がない世代だと思いますが、それらで知り合う男性が「本当に独身なのか」「プロフィールが本当か」を出会った時点で調べる術はありません。中には既婚男性が登録していたり、勤務先や職業を偽っていたりすることはよくあります。

私が今まで婚活相談に乗ってきた中で、怪しいなと思ったプロフィールを挙げてみましょう。「親が〇〇社(有名企業)の重役」「国境なき医師団」「IT企業の社長」「元モデルもしくは元ジャニーズ」「ハーバード大学卒」「六本木ヒルズ在住」で、やはりウソでした。

逆の立場で考えてみてください。みなさんが上記のようなキラキラした人たちだったら、ネットで結婚相手を探すと思いますか? もちろん、本当にそういう人が混じっていないとは断言できませんが、あなたの今までの人生で聞いたことのない、そばにいないようなキラキラしたプロフィールの人に出会ったら、必ず名刺をもらうなどして、ウラを取る習慣をつけましょう。

「運命の人」は必ず結婚相手になるのか?

繰り返しになりますが、みなさんは心のどこかで「運命の人と出会えれば、うまくいく」と思っているのではないでしょうか。これは、逆にいうと「うまくいかないのは、運命ではないから仕方がない」と相手と向き合うのを避けてしまうことにもなりかねません。

結婚をするというのは、実はみなさんが考えているよりも、大変なことです。それは女性側の高望みとかそういった問題ではありません。

ひと組の男女が巡り合い、「一緒に生きていく」とお互いが決心し、協力してタイミングを合わせていくことは、はたで思うよりずっと難しいことなのです。

ですから、冒頭でもお話したとおり、運命の人と結婚するのではなく、結婚した人が運命の人です。何回も結婚している人は、それだけ運命の人がいるということです。

結婚できない運命ってあるの?

結婚をするというのは、本当に難しいことです。

昔話になりますが、女優・宮沢りえさんと元横綱・花田光司さんの婚約破棄事件をご存知でしょうか。

角界のプリンスである花田さんと人気絶頂の宮沢りえさんとの婚約は、日本中を沸かせました。力士と結婚するということは、暗黙の了解として、芸能界を引退しておかみさんになるということ。婚約会見の際は、そのあたりについて明言しなかった彼女ですが、直後から破局説が持ち上がります。実際、2人は婚約破棄をしますが、はっきりした理由は不明のままです。

数年前、美川憲一さんが「私が縁談をぶち壊した」「(宮沢りえさんは)母ひとり子ひとりで、誰が母親の面倒を見るの? と説得した」と暴露していました。

彼女が結婚したら、母親がひとりになることくらい、最初からわかっていること。あとづけの理由に思えてなりませんが、縁というのは、一度こじれるとどんどん難しくなっていくもの。「覆水盆に返らず」といいますが、どうがんばっても結婚できないことはあると思います

つらいとは思いますが、こういうときは「縁がなかった」と割り切るほうがいいと思います。

「運命の人」と出会える女性の特徴

私は「運命の人に出会えば、すべてうまくいく」とは考えていません。けれど、運命がないとも思っていません。「結ばれる運命にある男女は、小指と小指が見えない赤い糸で結ばれている」という伝説がありますが、みなさんには運命の相手がいそうなところに、自分の足で歩いていって、自分の小指の糸を相手とうまく結べる女性になってほしい(そして、ダメならすぐ忘れてほしい)と思います。そのために、何が必要なのか挙げてみます。

(1)仕事がうまくいっている

大出世しろとか、たくさん稼げという意味ではありません。セクハラやパワハラに合わず、上司の指示を理解して仕事ができている人は、「まわりがよく見えている」ということ。冷静にまわりが見られないと、赤い糸も結びようがありません。会社の人に大切にされているということは、仕事以外のこと、見た目や礼儀もきちんとしている証拠です。

(2)毎日がそれなりに楽しい

彼氏がいないから寂しい、結婚できるか不安で鬱っぽいという人がいますが、実はそれは「私を幸せにしろ」という依存です。逆の立場で考えてみましょう。いつもなんだか暗い女性と、楽しそうな女性、どちらの人に話しかけようと思いますか? 「どういう女性に話しかけたくないか」を考えて、自分がそこにあてはまっていないか、チェックしてみてください。

(3)おかしな関係の男性がいない

元カレやセフレとずるずるした関係を続けることは、婚活中はNGです。「バレないんだから、いいじゃん」と思う人もいるでしょうが、バレるバレないは問題ではありません。あなたの若さと時間を、運命の相手でない人にくれてやるのはムダでしかありません。

「運命の人」ではないかもと感じたら?

男性に対して「運命の人ではない」と思った場合、それは単に「相手の自分に対する扱いがロマンチックではない」というような不満ではないでしょうか。もっとやさしい人がいる、もっと友だちにうらやましがられる人がいいと思っていないか、一度考えてみてください。

「運命の人」を待つよりも、「あれは運命だった」といえる人になる

“運命”というものがもしあるとしても、それは過ぎてみなければわかりません。たとえば、上述した宮沢りえさんは婚約破棄のあとは精神的に不安定な時代を経験しますが、今や日本を代表する女優として地位を固めつつあります。こうなると「婚約破棄は運命だった」と破談を肯定的にとらえることができるでしょう。

今が幸せなら、いいことも悪いことも「あれは自分に必要だった」「ああいう運命だった」といえるはずです。

今、できるだけの努力をすること。それが運命を引き寄せるコツだと思います。

(仁科友里)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]