お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

年上彼氏を虜にする「10のテクニック」

マドカ・ジャスミン

こんにちは、マドカ・ジャスミンです。

さまざまな職種を経てフリーランスとして活動している私は、今までたくさんの年上男性と出会ってきました。

なかには、10歳近く年下の女性と付き合っている男性もいて、世の中には意外と年の差カップルがいるのだと思ったり。

かくいう私も、お付き合いした男性や好きだった男性は、平均6歳上と年上ばかりでした。今は同い年のパートナーがいますが、付き合った当初は、「マドカが同い年の男と付き合った!?」と周囲にとても驚かれたものです。

同い年の男性と付き合っている今だからこそ、その比較から年上男性との恋愛のよし悪しがわかるのもまた事実。

そこで私の経験から、年上男性と付き合うコツを綴っていきます。

年下女性と付き合う男性の心理とは?

年上男性の恋愛傾向はこのような感じ。

・相手に施したい
・甘えるより甘えられたい
・自分で彼女を育てたい

年下女性と付き合う理由は「世話焼き」と「優位性」

年下女性を彼女に選ぶ男性は必然的に世話焼きや、きょうだい構成における長男タイプが多いです。したがって、「面倒を見てあげたい」「放っておけない」という気持ちが、付き合う上での大きな理由です。

ただ、なかには、「同年代に相手にされない」という自信のなさを抱えている人がいるのも事実でしょう。そういう男性は、自分が優位性を見せられる相手として、年下の彼女を選ぶパターンもなきにしもあらず。

大前提として、男性は子孫を残したい本能ゆえに女性を求めます。なので、若い年下女性を好きになるのは、ある意味正しい感情ともいえます。

男性から見た年下女性の魅力は「若さ」「無知」「承認」

若くて、無知で、自分を褒めてくれる(認めてくれる)

この三拍子につきます。

男性にとってみれば、自分が知識や経験を与え、年下女性を育てることにより、より自分が求める女性像にすることもできるのです。

これは彼らにとって最大の利点であると同時に、育てあげたあと、自分のもとから彼女が飛び立ってしまう可能性も捨てきれません。

ゆえに、もしも彼女が自分よりも知識や経験を得たとして、それでも愛情が尽きないのだとしたら、それこそが真の愛情といえるでしょう。

次ページ:年上彼氏と付き合うメリット

お役立ち情報[PR]