お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

マウンティング女子とは? 「自分が上」アピールする人の心理と対処法

高見綾(心理カウンセラー)

無意識だから面倒……。マウンティングしてくる相手へのうまい対処法

自分に自信が持てずに不安になると、人は無意識のうちにマウンティングをしてしまうことがあります。自覚がないだけに厄介ですが、どのように対処すればよいのでしょう。マウンティングしてくる相手への上手な対処法について解説します。

(1)ターゲットにならないよう一定の距離感を持つ

「この人、もしやマウンティングしてる?」とマウンティングの兆候を感じ取ったら、できるだけ関わらずに、一定の距離を保つのが無難。

仲よくなる前に気づくことができれば、深入りを避けられます。何かと目立ちやすい人や、おとなしそうに見える人はターゲットになりやすいので注意が必要です。

(2)話題を上手にそらす

どんな話でもていねいに聞いてしまったり、言われたことに反応して自信をなくしたそぶりをしてしまったりすると、「この人には言いやすい」と思われてしまいます。

マウンティングをされたら、「○○といえば、実はこの間~」とさらりと話題を変えてしまいましょう。

また、「○○さんは忙しくなくていいよね~、私なんか今チームリーダーやっていて大変なの」と、愚痴にまぎれてマウンティングをされた場合は、「はい、本当にありがたいです!」とあっけらかんと認めてしまうと、相手はそれ以上言えなくなるので効果的です。

(3)同じ土俵に立たない

マウンティングされた際、同じ土俵に立って自分も競争しようとすると、イライラが悪化してしまいます。「この人は自慢したいんだな、自信がなくて不安なんだな」と冷静に受け止めて、ひと呼吸おけば、イライラもおさまってくるはず。

また、マウンティングしてくる人を敵視すると自分がしんどくなるので、相手のいいところを見てあげるようにしましょう。人は、「この人からは尊重されている」と感じる相手には積極的に嫌味を言おうとは思わないものなので有効です。

次ページ:マウンティング女子を理解したうえで付き合っていくのが大事

お役立ち情報[PR]