お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼氏の束縛がつらい。「束縛男」の心理と特徴

小日向るり子

モラハラ男、DV男という言葉もよく耳にするようになった昨今、彼のことは好きだけど束縛をやめてほしい、どこまでが嫉妬でどこからが束縛なのかわからない……など、彼氏の束縛について悩んでいる女性が増えています。今回は、束縛する男性の心理や特徴を分析しながら束縛をやめさせるための方法までを解説していきたいと思います。

束縛とは

束縛の辞書的な意味は「動き・働きの自由に制限を加えること」です。

これを恋愛に当てはめると、嫉妬感情や独占欲からパートナーの言動を監視したり制限したりすることが該当します。しかし、恋愛でいう束縛とは実際の言動ではなく、それをされた相手が心理的にどう感じるか、のほうが重要になってきます。

つまり、第三者が見て束縛されていると思っても、当の本人たちが幸せであればそれは束縛にはならないのです。ただし、言動を監視したり制限することによって、まわりに迷惑をかけたり、どちらかあるいは双方が疲弊していくようであれば、それは洗脳や共依存といったまた別の側面で論じる問題となってきます。

束縛する男性の心理とは?

これは男女関わらずですが、束縛する人間心理の根底にあるものは、誰かに取られないか不安、自分に愛情があるのか不安、といった「不安感情」です。

その不安がどこからくるのかという理由はさまざまで、過去の彼女に浮気をされたトラウマからであったり、母親から過保護に育てられたことにより、愛する人からはそれと同等の愛情をもらうことが当たり前という価値観が根付いているからであったり、などです。またその逆に、愛情が薄い環境で育ってきたため、慢性的な愛情不足から彼女に対して過度な愛を求めてしまう人も。

後半で記述しますが、束縛する彼氏に悩んでいる場合、まずはその原因はどこからくるのかを知ることが大切です。原因によって対処方法は異なってきます。

次ページ:束縛が激しい男性の特徴とは?

お役立ち情報[PR]