お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼氏の束縛がつらい。「束縛男」の心理と特徴

小日向るり子

束縛彼氏とは別れるべきか

「愛されている幸せよりも縛られている苦しみのほうが大きくなってきた」と悩んでいる場合はその悩みから目をそらさずに、しっかり考えることをオススメします。以下は別れたほうがよいケースです。

束縛彼氏と別れたほうがいいのは?

たとえば「彼がスマートフォンを勝手に見ることは束縛行動だから彼とは別れたほうがよい」などと一概に論じることはできません。彼と別れたほうがよいかの結論は、具体的な言動よりも、それをされた自分の心の状態がどうであるか、ということのほうが大切です。

そしてその判断は、彼の言動に恐怖を感じているか、ということを基準にしてください。

窮屈、鬱陶しい、というレベルではなく「怖い」「恐怖」という感情が自分の中にあることに気付いたら、それはモラハラやDVとして考える領域です。彼の言動を思いだしたり予測したりすると寒気がしたり震えがしたりしませんか?

束縛彼氏と幸せになれるのは?

彼が束縛する原因を彼女が把握して理解し、それを見守ったり癒したりしたいと思えれば、彼と結婚しても幸せになれます。たとえば、幼少期の愛情不足や過去の恋愛のトラウマからだとわかったら、それを自分が小さくしたり癒したりしていくことは喜びだと考えることもできるでしょう。また、原因を探る中で自分自身の言動に気付いて修正することで彼の束縛がなくなるケースもあるでしょう。

しかし、このような歩み寄りや反省といった彼女側の言動だけではどうにもならないことも多いのが束縛彼氏です。

・彼側に束縛を修正する努力が見られるか
・嫌なことは嫌だと彼に伝えることができる関係が構築されているか

この2つも重要なポイントです。結婚生活は双方の歩み寄りなしには持続できません。じっくり考えましょう。

次ページ:束縛をやめさせる方法とは?

お役立ち情報[PR]