お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

合コンで「お持ち帰り」されたら絶対ダメな理由

TETUYA

合コンで「お持ち帰り」されたら絶対ダメな理由

合コンという、少人数コミュニティーの中でお持ち帰りされてしまうと、女性としての自分の価値を下げてしまうことになります。

初対面の合コンでは、たとえ自分の好みのタイプからアプローチされたとしても、とにかく断ること。

2回目以降、2人で食事に行ったときは、ご自由に(笑)。

この1回断ることが、女性の価値を守ることになるのです。

もしこれが守れないとどうなるのか。以下に挙げたいと思います。

お持ち帰りされたら絶対ダメな理由4つ

遊び目的の都合のいい女にはなるが、本命にはなれない

簡単にお持ち帰りされてしまう女性は、どんな男性とでもこうなるんじゃないかというイメージを持たれてしまうとは先述の通り。そうなると本命レーンには乗れません。

そればかりか、「都合のいい女」レーンにそのまま乗せられてしまう可能性も。

過去に、遊びの女性が本命女性に昇格したことなんて僕のまわりではありませんよ

すぐに飽きられる

男性は、体を征服するまでがゴール、と考えがち。ゴールに到達した瞬間、女性のやさしさや自分に対してのマメさが色あせて見えるもの。ようは手を抜きたくなってくる。

きちんと付き合った女性でさえ上記のような傾向にあるのに、もし合コンで出会ったその日にゴールを迎えたらどうなるのか……はっきり言わなくてもわかりますよね?

だから体の関係になるまでに、時間と労力を男性にはかけさせるべきなんです。会ったその日なんて論外!

「軽い女」という評判が出回る

男性は自慢する生き物です。

タチの悪い男にお持ち帰りされたら、すぐにまわりの男友だちにあなたの悪評が出回るでしょう。

すると、同じようなタチの悪い男がどんどん寄ってきます。

軽はずみな行動で、あなたは「たちの悪い男ホイホイ」になってしまうのです。

自分の友だちも離れていく

もし、お持ち帰りされたことが、合コンに参加した女友だちにバレてしまったら、女性陣からも、「ちょっとめんどくさい」と思われてしまう可能性があります。もう合コンには誘ってもらえないでしょうね。

これは「類友の法則」と僕らは呼んでいるんですが、合コンに一緒に参加する女性陣のペルソナって共通する部分が多いと感じています。

オシャレな子の友だちはやっぱりオシャレであるように、同じ価値感同士で繋がってるケースが多いんですね。

つまり、お持ち帰りされるような子がひとりいると、そういうペルソナでほかの子まで見られる危険があるということ。

友だちが、「同類に見られたくない」と離れていってしまうケースはよく見られます。

次ページ:合コンで「お持ち帰り」されないための対策4つ

お役立ち情報[PR]