お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「不倫から結婚」はできる? 3つのリスクと不倫結婚の末路

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

「不倫といえども、2人が本気ならいずれ結婚も夢じゃない」

そう思う女性もいるかもしれません。

ですが、不倫とは大きなリスクがあり、さまざまな問題を抱える関係。たとえ2人が良くても、まわりが受け入れてくれる可能性は低いと考えるのが賢明です。

実際、「不倫から結婚」は現実的なのでしょうか。そして幸せになれるのでしょうか。

恋愛ライターのひろたかおりがご説明します。

不倫から結婚ってできるの?

そもそも不倫関係から結婚に至るケースはあるのか、まずは見ていきましょう。

不倫カップルが結婚にいたる確率は?

あなたのまわりで、「不倫」という言葉を耳にすることはどのくらいありますか?

過ごしている環境にもよりますが、「知り合いが不倫中で相談を受けている」こともあれば「不倫しているなんてまったく聞かない」など、公にできない関係はなかなか表の話題には出ないかもしれませんね。

筆者の場合は、残念ながら「よく耳にする」話題。

既婚男性が独身女性に言い寄っていたり、独身女性が既婚男性に片思いしていたりと、いろいろな状況があります。

その中で、実際に不倫から結婚まで至ったケースをひとつだけ知っています。

すでに既婚男性の夫婦関係が破たんしていて、別居中だったことから離婚を選択、それから2人は結ばれました。このように、可能性がゼロではない、というのは筆者が見てきたリアルなところです。

 

倫理観の欠如。「不倫から結婚」に希望を持ってはダメ

とはいえ、独身女性が既婚男性との不倫から結婚しようと思えば、乗り越えないといけない障害はたくさんあり、そもそも既婚男性との愛情がよほど深く、お互いに本気でないとかなうことはないでしょう。

不倫カップルが実際に結婚まで至る確率は、低いものと考えるのが正解です。

既婚男性の「別れるから」は口実

不倫中の既婚男性がよく使うセリフとして、「今の妻とは別れるからいずれ結婚しよう」というものがあります。

しかし、そう言いながらいつまでも離婚する気配はなく、それを責めると今度は「妻が離婚しないと言い張っていて」「今は仕事が忙しいから」などと別の言い訳が出て、結局不倫関係がズルズルと続いてしまうのはよくあることです。

「妻と別れるから」は、独身女性をつなぎ止めておくためのカード。

関係を続けてもらうために、「結婚」の可能性をちらつかせることで自分の都合よく不倫していたい気持ちが隠されています。

本当に今の妻と離婚を考えているなら、「離婚届を書いて渡した」「別居した」など、実際の行動が伴うはずです。

妻を説得中であっても、安心してもらうためにきちんと状況を伝えるなど、少しでも独身女性の気持ちを考えた振る舞いが見えるはずですよね。

いつまでも同じ生活を続けながら「別れる」と言い続けるのは、関係を続けるための口実だと思いましょう。

次ページ:不倫カップルは幸せになれる?

SHARE