お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

ストレスかも? 「会社に行きたくない」と感じたら

脊尾大雅(社会保険労務士/精神保健福祉士)

会社に行きたくない……どうしても会社に行きたくない。そんな経験はありませんか? もしかすると、今そんな状態になってしまっているという人もいるかもしれません。どうして会社に行きたくないと思ってしまうのか、自分自身で原因がわかることもあれば原因が思いつかないこともあるでしょう。いずれにしても、会社に行きたくないという自分にどう対処するべきなのか悩んでしまうと思います。そこで、会社に行きたくないと感じる原因や対処の仕方について、社会保険労務士の脊尾大雅さんにアドバイスをもらいました。

会社に行きたくない人はたくさんいる

会社に行きたくないと思った経験がある人はいったいどのくらいいるのでしょうか。いくつかの調査の結果を紹介します。また、「サザエさん症候群」といった、会社に行きたくない気持ちによる症状についても説明していきます。あなたはこの症状にあてはまりますか?

会社に行きたくない人たち

マイナビニュースでは全体のおよそ70%

まずはアンケートの結果から考察していきます。マイナビニュース会員の308人に調査を行ったところ、「会社に行きたくない」「働きたくない」と回答したのは、全体の69.4%(約210人)、つまり全体の70%が会社に行きたくないと思った経験があるというのです。(※)

厚生労働省による労働安全衛生調査ではおよそ60%

厚生労働省の調査で労働安全衛生調査というものがありますが、平成28年の結果では「現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じる」という労働者の割合は59.5%でした。マイナビニュースとは約10ポイントの差がありますが、いずれも調査した数の半数を超えており、同じような傾向なのかもしれません。

これらの結果を元に、全国にどのくらいの人が「会社に行きたくない」と感じているかを計算してみます。あくまで参考までというデータですが、総務省統計局の労働力調査(2018年7月分)では就業者数が6,660万人なので、「会社に行きたくない」と感じている人は3,962万人~4,622万人くらいいることになるともいえるかもしれません。

会社に行きたくない気持ちによる症状

サザエさん症候群とは

日曜日の夕方に放送されているサザエさん。サザエさんを見ることで、そろそろ日曜日が終わり、もうすぐ月曜日が来てしまうと意識してしまうこともあるでしょう。それにより、月曜日からはじまる仕事について考えてしまい、憂鬱になるなど心身に影響を及ぼすことを指す言葉が「サザエさん症候群」です。厚生労働省の人口動態統計特殊報告によると、月曜日の自殺が男女ともに1位なので、実際にサザエさん症候群というものはあるのだろうと思われます。

出勤困難な状態

肉体的、もしくは精神的に会社に行きたくても行けない状態になる場合もあります。仕事に行かなければいけないのに、ベッドから起き上がることもままならない。仕事に行こうとしたら、いつもひどい腹痛や下痢に悩まされてとてもトイレから出られない。このように、出勤しようと思っても体がいうことをきかない状態なのです。またうつ病と診断される場合でも、このような症状が見られています。

次ページ:会社に行きたくない原因

お役立ち情報[PR]