お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

家でできる仕事も! 女性におすすめの「高収入な資格」

木村俊夫(キャリアコンサルタント)

資格を取得すれば、現在の仕事でも就職先でも有利になるのは周知の事実。でも世の中には資格がたくさんありすぎで、どの資格を勉強したらいいのかわからなくなることってありますよね。「どの資格に需要があるの?」「資格取得の難易度は?」中には、「どの資格がお金を稼げるの?」なんて率直な疑問もちらほら。気になる資格の実情について、キャリアコンサルタントの木村俊夫さんに聞いてみました。子育て中の女性にうれしい、家でも活用できる資格についても教えていただきましたよ。

■資格と仕事の関係性とは

◇資格が就職・転職に与える影響って?

企業の採用活動において資格保有者がどのように扱われるかですが、実態は様々であると言わざるを得ません。ただ、資格という基準で、よりほしい人材を見極めようとする面はもちろんあります。「やる気はもちろんだが、ある程度の知識は持っておいてほしい」などと考える場合は、自己申告よりも資格の有無を基準にするのです。
ある企業の実例だと、募集要項には資格の有無を問いませんと書いていても、応募者が多い場合は資格者の方を面接に呼ぶケースが多いという話を聞いたこともあります。

資格を持つことが就職や転職に与える影響ですが、私は3点考えています。

☆専門性のアピールができる

自分は何ができるのかを客観的に伝えることはとても難しいものです。しかし、資格を取ることで、試験団体によって客観性が担保されます。見ず知らずの人に、「この人はこういう力を身に着けているんだな」とわかってもらう手段となります。

☆継続学習の意欲を表現できる

たとえば、家庭に入って仕事をしていない期間に資格を取っているならば、学ぶ意欲や目的意識を持った人である、とのアピールがしやすくなります。主張は簡単にできても、根拠まで明示するのは難しいですよね。資格を取ったということが、学ぶ意欲の根拠となり、目的意識が高く、継続学習ができる自分をアピールすることができるのです。

☆自分の自信につながる

資格を持っていない自分より、資格を持っている自分の方が、人前でアピールするときに「素の自分」で立てるようになります。キャリアコンサルティングの現場では、自分に自信が持てず、就職活動をする自信もないとおっしゃる方と多くお会いしてきました。しかし、資格を勉強し、さらに取得まで至った人は、それが自信になり、意欲的に就職活動に臨めるようになる可能性があります。

資格を取ることはゴールではありません。資格を通して自分が一歩踏み出せるようになることが大切なことなのです。

◇女性が「資格」を取るメリット

女性が資格を取ることのメリットには、資格を通して自分に向き合う時間が作れること、自分に自信を持ち、社会とのつながりを作れることがあります。

☆資格を通して自分に向き合う

無数にある資格のうち、その資格に興味を持ったのはなぜでしょうか。そこに、自分のやりがいや大事にしているものが隠されています。「好きだと思っていたことが、資格を学んだことで本当に好きなんだと実感できた」という声や「やってみたらおもしろくて開業にまで至った」という成功例も聞いています。

☆社会とのつながりを作れる

出産や育児をする中で、「自分は何もできないし何もしていない」といった自己効力感が低くなる方がいます。できることを客観的に認識できるのが資格ですから、資格を取ることをきっかけに一歩踏み出す勇気が湧き、結果活躍されているという方もいるんです。

また、専業主婦の方からよく聞くのが、家族以外とあまり接点がないということ。それが、資格取得をきっかけにweb上のコミュニティに参加したりと、たくさんの居場所を感じることにつながったという声も聞いたことがあります。

次ページ:高収入が期待できるおすすめの資格

お役立ち情報[PR]