お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

資格って必要? 転職に役立つ資格のとり方

藤井佐和子(キャリアアドバイザー)

自分の思い描くキャリアを手に入れるために、転職を考える人は多いと思います。では転職するときは、何が自分の武器になるのでしょうか。学歴、職歴などが思い浮かぶと思いますが、その中でもこれから身につけられるのが資格。しかし、やみくもに資格を取得すればいいというわけではありません。そこで、資格取得して転職を成功させる秘訣や活かせる資格などを、キャリアカウンセラーの藤井佐和子さんに詳しく聞きました。

■資格が転職に役立つ理由

資格を持つことは、転職にどれだけメリットがあるのでしょうか。資格に対して、企業がどのような部分に注目するのかを解説します。

◇資格は転職に有利って本当?

資格があるからといって必ずしも転職に有利なわけではありません。重要視されるのは経験です。また、資格がなくてもヒューマンスキルの高さ、たとえば、コミュニケーション力や全体を見る視野の広さ、チームプレー力、結果へのコミット力、持続性、問題意識の高さなど、人となりを見られることも多いものです。しかしながら、資格を持っていることで得られるメリットはもちろんあります。

◇資格があることの強み

転職するときに資格があることで得られるメリットは、以下のようなことが挙げられます。

☆経験の裏づけ

職歴が浅いなど、その人の経験が量りづらい場合は、資格がわかりやすい目安になります。社会人経験が少ない人や、営業成績や目に見える成果などのわかりやすい指標がない人は、資格があると経験の裏づけになるでしょう。

☆意欲の裏づけ

特に未経験の仕事にチャレンジしようとする際、資格取得してまで向き合おうとする意欲が評価につながることもあります。

☆経験不足を補う知識として

未経験の仕事に転職を検討している場合は、資格を持っていることで、経験のなさを知識で補える可能性があると評価されます。

次ページ:持っている資格は全部履歴書に書くべき?

お役立ち情報[PR]