お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

唇が荒れる原因って? 専門家が教えるリップケアの方法

西田美穂(カラーアナリスト/美容研究家)

冬は空気の乾燥によって、唇が荒れたという経験は誰でもあるものです。これからの季節、唇のケアは必須ですよね。そこで、唇が荒れる原因やオススメのリップケア方法について、美容家の西田美穂さんに聞きました。

■唇が荒れる原因は? リップケアの重要性

そもそも唇はとても乾燥しやすく、敏感です。なぜなら唇は角質層が極めて薄く、皮脂膜もなく、保湿機能やバリア機能が低いためです。そんな弱い部位が荒れてしまうのには、3つの要因が挙げられます。

◇乾燥

冬場や空調の効いた室内など、空気中の湿度が低い乾燥状態にさらされていると、唇の水分が奪われていきます。また、唇をなめる癖や口呼吸の癖がある場合、唾液が蒸発する際に唇の水分を奪っていくので、乾燥を加速させます。乾燥した角質層は徐々に厚くなり、ひび割れや皮むけとなって現れるのです。

◇摩擦

飲食をする、歯磨きをする、口元を拭う、などの日常的な行為によって唇に摩擦を与えています。加えて、女性は口紅を塗る、直す、メイクを落とすといった際にも唇をこすってしまいます。これらの摩擦は刺激に弱い唇にとってダメージになります。

◇血行不良

血行不良は、冷えや胃腸の調子がよくない場合に起こりがちですが、このとき唇の色は紫がかって見えます。これは水分や栄養分が十分に巡っていない状態です。この弱った状態ではいつも以上に潤いを保つ力やバリア機能が低下し、カサカサになってしまいます。

次ページ:日常でできるリップケアとまちがった方法

お役立ち情報[PR]