お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「付き合ってない女性からの誕生日プレゼント」は重い? #恋の答案用紙

神崎桃子(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト)

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は、誕生日プレゼントにまつわるアンケート。

付き合ってないけど、誕生日プレゼントをくれる女子。アリ? ナシ?

付き合っていなくたって、好きな人の誕生日には何かしてあげたくなっちゃうのが女心。しか~し、彼が喜んでくれなければただの迷惑行為。あなたへの評価はダダ下がり……。

で、今回は男性陣にこんなことをリサーチしてみたの。これからはじまるあなたの恋が残念な結果で終わらないよう、読み進めてね。

Q. 付き合ってないけど、誕生日プレゼントをくれる女子。アリ? ナシ?

アリ:76.1%
ナシ:23.9%
※有効回答数264件

男性は、彼女ではなくとも自分の誕生日にプレゼントを渡されることに、嫌な気はしないみたいだけど……。くわしい意見を見てみましょう。

「アリ」派

単純にうれしい

・「誕生日プレゼントは誰からもらってもうれしいから」(32歳/運輸・倉庫/その他)

・「高価なものは嫌だけど、気持ち程度なら受け取りやすいし、うれしい」(35歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

「高価なものじゃなく気持ち程度で……」というコメントもあるように、男性はプレゼントの中身より、相手の気づかいがうれしい様子。

対して女性は、プレゼントにはシビア。「何、この安物?」「私の何を見てこれを贈ろうと思ったわけ?」と、もらったもので相手からの愛を推し量るところがありますが(笑)、男性はプレゼントの中身には案外寛大なのです。

関係が進展するきっかけになるかも?

・「自分に興味があるなら、いいきっかけになると思う」(33歳/建設・土木/技術職)

・「自分のことをちょっとでも好いてくれているのかなって思うから」(32歳/情報・IT/その他)

人は「自分に興味を持たれている」と知ると、その相手を無視できなくなります。全然意識していなかったのに「この人、自分のこと好きなのかな」と感じた途端に気になりはじめ、いつの間にか自分も好きに……。そんな経験、誰でも一度くらいはあるのでは?

これは、好意には好意が返ってくるという“好意の返報性”。「あなたのことを気にかけています」と情報を漏らすのは、実は立派な恋愛テクなのです!

「ナシ」派

気をつかってしまう

・「そういうことをされると、気が引けるし、誕生日を聞いてお返ししてあげないといけない気になるから、煩わしい」(28歳/その他/その他)

・「自分も何かあげなくてはいけなくなる。あげたい子にもらえるならいいが」(27歳/機械・精密機器/事務系専門)

神崎桃子としては「結局そこか~い!」とツッコミを入れたい(笑)。気になっている女性ならアリでも、それ以外なら「重い……」「パスしたい!」のがリアルな男性の本音。

女子のみなさ~ん、付き合っていない男性にプレゼントをあげるときに突っ走ってはダメ! その前に、彼の中に自分の存在感を植えつけておきましょう。結局は相手との距離間がものを言うから!!

あなただって、あまり会話したことのない男性からプレゼントをもらったら「何かあるのでは?」となるでしょ。同じ品物をもらうにしても、よく話したり顔を合わせたりする相手なら、素直に「ありがとう!」と言えるはず。

つまり、男性にプレゼントするときは「うれしいな~、俺も何かお返ししたい」と素直に思わせることができなければ、恋愛にはつながらないのです!

恋の教訓: プレゼントは、箱に入ってリボンがついているものとは限らない!

プレゼントをあげるという行為は、相手がうれしいと思わなければただの自己満。しかも“付き合う前”なんだから、成功しなければそれこそ大失態というもの!

だから「彼には今、誕生日を祝ってくれるような彼女がいないから、きっと私のプレゼントを喜んでくれるはず」なんて期待するのは愚かです。好きな人に何かするときに大切なのは、自分が何をしてあげるかでなく、「相手が何をされたらうれしいのか」をちゃんと考えること! それにプレゼントは、箱に入ってリボンがついているものとは限らないんだから。

「誕生日祝いに、ビール1杯だけごちそうさせて~!」
「今日誕生日だったよね? 何か仕事手伝おっか?」
「ランチのついでにプリン買ってきたよ。デザートに食べてね」

なんてことでも十分うれしい……。いや、そのほうが相手にとってはめちゃめちゃうれしいかもしれないよ。形に残るプレゼントよりも、相手が喜ぶプレゼントを、ね!

(文:神崎桃子、イラスト:タテノカズヒロ、構成:マイナビウーマン編集部)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2018年8月27日~8月29日
調査人数:264人(22~39歳の働く男性)

神崎桃子(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト)

「恋が続かない」「出会いがあってもいい人止まり」「結婚にたどりつけない」「男(女)に逃げられてしまう」「復縁したい」「絶賛不倫中」「婚外恋愛したい」「結婚生活がうまくいかない」など、男女問わず"恋愛初心者から上級者まで"あらゆるカテゴリの恋愛にフォーカスできる恋愛専門家。

これまで大手ポータルサイトに数々の連載コラムを寄稿、自ら経験して得た"恋の教訓"を各メディアから幅広い年代の読者に伝授してきた。

男女の思考回路の違いや男心女心を追求した記事は定評があり男性読者も多い。

著書には「なぜ女はこんなことで怒るのか ~不機嫌な彼女をなだめる10の掟~」(impress QuickBooks)、「恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!」(すばる舎)、などがある。

恋愛映画のコメンテーター、ライター養成、文章セミナー、恋愛セミナーの講師としても活動中。"草食男子仕置人"としてダメンズたちに積極的に関わり、恋愛アドバイス等も行っている。

★「男と女のこと・色恋沙汰ならなんでもお任せ!」神崎桃子オフィシャルサイト
https://www.kanzakimomoko.com

コラムニスト神崎桃子Facebookページ
https://www.facebook.com/kanzakimomoko/

恋愛専門家コラムニスト神崎桃子「男と女のこと、恋愛事情ならなんでもお任せ!」
https://twitter.com/kanzakimomoko

恋愛事情専門家・神崎桃子~恋の教訓~
https://www.instagram.com/columnist_mk

この著者の記事一覧 

SHARE