お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

絶対こだわりたい! 結婚式に使う曲の選び方

岡村奈奈(フリーランス・ウェディングプランナー)

結婚式において、音楽は花や料理と同じくらい大事なもの。雰囲気のひとつのパートとして届きますが、実は空間や満足度を印象づけるのにも大きく貢献しているのが音楽なのです。なんとなく「普通っぽく」見えたり、なんとなく急がされたような印象があったりするのも、音楽の効果によって変化させることもできます。
結婚式の音楽の定番曲や人気曲、こだわると素敵になるポイントなどを紹介していきたいと思います。

■結婚式で流れる曲。どう選ぶ?

基本的に選曲は自由で「好み」によるものとなります。自由というと難しいですし、準備の手が回らない場合にも、式場の音楽係に「おまかせ」することも珍しいことではありません。それでも、花の色や料理の種類を選ぶように、軸となる雰囲気は指定したほうがよいでしょう。大まかに「はじまり」から「締め」までの盛り上がりや主な演出プログラムを表にして、どんな雰囲気に展開、転換させていきたいか考えます。

◇結婚式(披露宴)の曲の重要性

音楽がない結婚式(披露宴)は有り得ないものと言ってよいでしょう。楽しくするとかオシャレにするというプラスの効果だけではなく、雑音を消すとか、場をリズミカルに運ぶという、マイナスを補う効果を期待するところも大きいです。

◇平均的な曲数

挙式から披露宴まで、無意識で聴くBGMも含めれば40〜50曲くらい。ゲストが式場に到着して、控え室に入ってから、披露宴で新郎新婦に見送られるまで3時間半程度だとして、その間「無音」であるのは、スピーチなど畏まった雰囲気でお祝いの言葉が述べられるときだけです。それ以外は指定するかどうかによらず、音楽はかかっている状態を保ちます。

◇定番曲

よく使われる「結婚式といえば」な定番曲を紹介します。

☆「Butterfly」/木村カエラ

まさに「結婚式といえば」という定番曲。教会のオルガンを思わせるキラキラした音色や、リアルで柔らかな描写など、それ以前にはあまりなかったようなタイプの曲で、各世代に受け入れられ新定番となりました。

☆「家族になろうよ」/福山雅治

どの立場の人にも共感されやすく、アーティストのイメージのよさ、安定感などから広く厚い支持を集める曲。定番といわれる中では新しいほうですが、ギターのイントロですぐにリアクションが得られるほど周知されていると思います。

☆「愛をこめて花束を」/Superfly

結婚する当人だけでなく、親子や親友などさまざまな関係に置き換えても共感できると言われています。ピアノから始まるゴージャスなサウンドもウエディングシーンによく合います。

◇選曲の傾向

全体的な選曲としての傾向はあまり無いように思います。地域や学校、グループの単位でお決まりの曲があるのは珍しくありませんが、それも1曲か数曲程度。憧れや音楽自体の興味が関連する度合いが多く、個々の志向だと思います。
若いカップルほど親世代の影響が濃いような印象があり、ビートルズやディスコサウンドなど懐かしい感じのものを選ばれることが目立つのはひとつの傾向と言えるかもしれません。

次ページ:ウェディングプランナーオススメの選曲方法

お役立ち情報[PR]