お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

惚気話って何? 惚気る人の心理&のろけ話の例

真貝まどか

惚気話とは、「恋人や配偶者との仲の良さを表す自慢話」のこと。今回は惚気話をする人の心理のほか、アンケート結果をもとに「うんざりした惚気話」や「うっとりした惚気話」の例、人の惚気を聞きたくない時の対処法までを紹介します。

「のろけ話」と聞いて、みなさんはどんな話を想像しますか? 「あー、はいはい……」と気のない返事をしてしまうもの? それとも、思わず微笑んでしまうもの?

今回は、聞くとうんざり、でも舞い上がっているとついやってしまいがちなNGのろけから、ほっこりのろけまで、みなさんが聞いてきたさまざまなのろけ話について調べてみました。

そもそも惚気話とはどういう意味?

「惚気」は「のろけ」と読み、「パートナーのことを人前で得意げに話すこと」という意味。

つまり「惚気話」には、「恋人や配偶者との仲の良さを表す自慢話」という意味があります。

惚気る行動例としては、ストレートにパートナーの長所や仲の良さを話して聞かせる人もいれば、愚痴と見せかけて実は惚気だったといった回りくどい惚気話をする人もいます。

惚気話をする人の心理とは?

続いては、惚気話をする人の心理をいくつかピックアップして紹介します。

(1)優越感を味わいたい

プライドが高い人は、幸せな惚気話をして優越感を味わおうとするタイプが多いです。

「自分が好き」という気持ちが強すぎて自己評価が高くなり、他人から「すごいね」と褒めてもらえないと気が済まないのでしょう。

思うような反応が得られないと、相手が褒めてくれるまで惚気話を続けてしまうこともあります。

(2)自分は幸せなのだと確認したい

自分の幸せや満足度を測る時、無意識のうちに他人と比較して確認することがあります。特に、今の状況に不安や不満があると「他人と比較して安心したい」という欲求が生まれます。

今の恋愛がうまくいっていないから、あえて良い話を披露して惚気ることで、他人からの「良かったね」「すてきだね」といった称賛をもらって、「自分は幸せなんだ」と言い聞かせようするのです。

(3)自己承認欲求を満たしたい

自己肯定感が低い人は、他人から評価されることで自己承認欲求を満たそうとします。

そして、パートナーとの幸せなエピソードを話せば「幸せな恋愛をしている人」という印象を与えられるので、その瞬間は安心できるのです。

ただ、こういった他人から評価されたいタイプは褒められ続けないと満足できないので、延々と惚気話を繰り返すことになります。

やっぱり、のろけ話ってウザいもの?【アンケート調査】

人の恋の話というと、つい羨ましさから来る嫉妬と相まって、うっとうしく感じてしまう人もいるかもしれません。

ここでは、のろけ話にうんざりしている女性の割合を調べてみました。

のろけ話にうんざりしている女子は多い?

Q.これまで他人の「のろけ話」でうんざりした経験はありますか?

ある(45.3%)
ない(54.7%)
※有効回答数395件

およそ半数が、のろけ話にうんざりしたことがあるという結果になりました。

耳をふさぎたい……うんざりするのろけ話のパターン

では、いったいどんなのろけ話が人をうんざりさせてしまうのかを聞いてみました。

同じ話がエンドレス

・「何度も同じ話をする。幸せでうれしいのはわかるが飽きる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「とにかく同じ話や前聞いた話を延々と繰り返す知り合いがいて、まいりました。ちょっとだけ聞いてと言われて、3時間もつかまったことが……」(25歳/小売店/事務系専門職)

自慢のオンパレード

・「どこどこに旅行に連れて行ってもらったなど、自慢が混じるのろけ」(25歳/学校・教育関連/その他)

・「お金持ちの彼氏で、旅行にどこへ行った、食事はステーキ、寿司、高級焼肉など自慢ばかりのとき」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

別の話をしても、のろけ話

・「聞いてもないのに、自分の恋話をペラペラ話す」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「話を変えても、自分ののろけ話に戻してずーっとのろけてくる。ほかの人が別の話をしても、興味なさそうにしている」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

愚痴かと思えば……

・「心配性で連絡が多かったり、すぐに迎えにこようとしたりするから困る~とかいう、愚痴に見せかけたのろけ」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「愚痴のような感じで話しはじめ、あまりにもひどい話だったので別れを勧めたら『でもやっぱり好きだからもう少し様子を見る』と言い出して、結局のろけ話かと思った」(24歳/その他/クリエイティブ職)

SNSが露骨

・「SNSで旦那さんがどこに連れて行ってくれたとか、何を買ってきてくれたとか、逐一報告する知人の投稿にうんざりしたことがある」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「彼氏との旅行写真やおうちデート、同棲スタートなどの写真をたくさんまとめてSNSにアップ。さらに、そこにポエムのようなコメントが添えられている投稿を見たとき」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

恋に落ちると、ついまわりが見えなくなってしまうもの。聞いている側の「もういいよ……」という雰囲気を察することができなくなってしまうこともあるでしょう。

ただ、独りよがりがすぎる話し方は、相手を不快にさせてしまう可能性大! そして、直接ののろけ話だけではなく、今の時代はSNSでの「のろけ投稿」に不快感を覚えている人が多いこともわかりました。何を投稿するのも個人の自由ですが、あからさまにのろけすぎるのは気をつけたいものです……。

▶次のページでは、惚気話についてのポジティブな声や実際のエピソード、惚気話を聞きたくない時の対処法を紹介します。

次のページを読む

SHARE