お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼氏に「毎日会いたい」って重い? 募る思いの対処法

中島輝(心理カウンセラー)

学生のときとはちがう、大人の恋愛事情。特に変わってくるのが、恋人と会える時間。付き合いたてのときは特に、毎日でも彼に会いたいと思ってしまうものです。しかし、時間のある学生時代とちがって、社会人は仕事や職場の同僚・友人との付き合いなどに大忙し!  なかなか2人の時間を作ることが難しいのも現実です。また、相手も自分と同じように毎日会いたいと思っているのか……ということも気になりますよね。そこで恋人たちの事情をアンケート調査するとともに、「毎日会いたい」と思う気持ちの男女のちがいや、男性にそう思わせる方法について、心理カウンセラーの中島輝さんに教えてもらいました。

忙しい社会人カップル、毎日会いたいけど会えない問題

愛し合う社会人カップルに立ちはだかる壁。それは、お互いに「忙しい」ということ。ただ、恋人と毎日会うのは荷が重いと感じる人もいるようで……。

大人になっても恋人には毎日会いたい?

「恋人と毎日会いたい!」と思っている人はどれくらいいるのでしょうか? 交際1年以上の相手がいる女性に聞いてみました。

Q.恋人がいると、相手と毎日会いたいと思いますか?
はい(44.1%)
いいえ(55.9%)
(※1)有効回答数401件

過半数近くの女性が「毎日会いたい」と回答。付き合いはじめのころと同じ気持ちでいられるなんて、素敵なことですよね。

毎日恋人に会えている?

「毎日会いたい」と、「毎日会える」はイコールではありません。毎日会いたいと思っている女性は、実際に毎日会えているのでしょうか?

Q.実際に恋人と毎日会えていますか?
はい(32.2%)
いいえ(67.8%)
(※1)有効回答数177件(「毎日会いたい」と回答した人)

会いたい気持ちはあっても、実際には会えていないのが現状のよう。7割近くの人は、さまざまな事情で会いたい気持ちを我慢しているようです。

それでは、どうして「毎日会いたい」と思うのか、その心理について中島さんに教えてもらいましょう。

「毎日会いたい」という心理はなぜ生まれる?

「“毎日”会いたい」と思う理由

好きな人に「会いたい」と思うのは自然な感情ですが、「“毎日”会いたい」と思うのは、好きな人が自分の欲求を満たしてくれる存在だからです。これはマズローの5段階欲求を用いて説明できます。

マズローの5段階欲求とは、アメリカの心理学者、アブラハム・マズロー が、人間の欲求を5段階の階層で法則化したもので、低次の欲求が満たされると順々により高次の欲求を求めるようになるというものです。5段階の欲求とは、次のものになります。

<第一階層「生理的欲求」>
生きていくための基本的・本能的な欲求のことで、「食欲」「睡眠欲」、また人間の3大欲求のひとつでもある「性欲」もこの階層です。恋人のことが好きで好きでしょうがないとき、好きな人と会うことで生理的な欲求(性欲)が満たされるため、「毎日会いたい」という心理が生まれます。

<第二階層「安全欲求」>
危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたいという欲求のことで、会わない間に恋人が離れていってしまう不安感から、「毎日会いたい」という心理が生まれます。

<第三階層「社会的欲求(帰属欲求)」>
集団に属したり、仲間が欲しいと思ったりする欲求のことです。人間関係がうまくいっていないとき、人は孤独や寂しさを感じやすくなります。恋人のぬくもりを求めて「毎日会いたい」という心理が生まれます。

<第四階層「承認欲求」>
他者から認められたい、尊敬されたいという欲求のことです。仕事がうまくいかないときに承認が足りなくなるので、慰めたり励ましてくれたりする恋人に「毎日会いたい」という心理が生まれます。

<第五階層「自己実現欲求」>
自分の能力を引き出し創造的活動がしたいという欲求のことです。この状態のときは、「自分のやりたいこと(自己実現)」と「会いたい気持ち」のバランスを考えながら、「”毎日”会いたい」という心理をコントロールできるようになります。 ここまでの欲求とは異なり、「自己実現欲求」を求めている人は、「会いたい」気持ちはあれども「“毎日”会いたい」とまでは思わないでしょう。

上記は、男女に共通して当てはまることですが、女性特有の「毎日会いたい」心理もあります。それを下記で説明します。

女性特有の「毎日会いたい」と思う心理

女性特有の心理状態として「共感欲求」が挙げられます。女性は「楽しい」「おいしい」「うれしい」「ムカつく」「悲しい」「苦しい」など感情が動いたときに、自分が感じたことを好きな人に共有して、共感したいと思います。その一方、男性は「共感」を求めて「毎日会いたい」とは思いません。一般的に女性は「共鳴共感」を大切にするといわれ、男性は「問題解決」を大切にするといわれています。

たとえば女性からすると共感してほしい場面で、男性から「こうすればいいじゃないか」とアドバイスを言われるとカチンときますよね。一方、男性からすると、自分だったらアドバイスがほしい場面だと思ってアドバイスをしたので、なぜ女性がふてくされるのか理解ができません。「ただ話を聞いてほしい、気持ちに寄り添ってほしい」という女性の考えが男性には理解できないのです。

次ページ:「毎日会いたい」という女性に対する男性の本音

お役立ち情報[PR]