お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

異動が決まった! 挨拶メールの基本と例文

松本繁美(マナーアドバイザー)

【豆知識】異動の挨拶メールに返信は必要?

逆の立場で、あなたが異動する同僚から挨拶メールをもらった場合、返信は必要だと思いますか? おそらく一斉送信で送ってきたであろうメール。

返すか、返さないべきか、マナーの豆知識を最後にお届けします。

知っている人なら返信すべき

一斉送信で受け取ったとしても、相手本人の顔や存在を知っているのであれば、返信すべきだと思います。

なぜならば、仕事を続けて行く場合、どこかでまたその人にお世話になったり、関わったりする可能性が十分あるからです。

メールの内容

「ご栄転おめでとうございます」と書き出しましょう。実際に栄転でなくても常套句です。メールの返信だけで、よいコミュニケーションがとれるのであれば、簡単なことなのですから。

異動は本人にとってよい転機の訪れだと考え、期待や希望というポジティブな内容を表わすメール文にしたいものです。

CCの宛名に気をつける

気をつけなければならないのは、CCで送信されたメールに対する返信。異動する本人のアドレス宛にすること。

Reで返信すると、全員に届いてしまいます。BCCで送信されたものはこの心配はありませんが、異動する本人の部署名や名前を確認して返信しましょう。

次ページ:異動の挨拶メールは忙しいからこそ重要

SHARE