お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合うのがめんどくさいと思う心理&恋愛への向き合い方

宮正樹

「めんどくさい」とはオサラバ! 恋愛を楽しむコツ

異性との交際経験は、充実した生活をもたらしてくれるだけでなく、人間的な成長も得られる貴重なチャンス。それをいつまでもめんどくさがっていてはもったいない! 最後に「男性と付き合うのがめんどくさい」と思ってしまう女性が恋愛を楽しむコツを教えてもらいました。

(1)相手(男性)のいいところを見るようにする

物事を楽しむかどうかは「自分」の感じ方がすべてです。どんな事柄も自分という心(脳)を通しているからです。男性と話したり会ったりするときに減点法でマイナスな点(めんどうなポイント)ばかり見ていると疲れてしまいます。「加点法」でいいところを発見する習慣を身につけると、人に優しくなれるだけでなく、「めんどう→楽しい」へと感情も変化し、さらにまわりからも愛される人になれます。

ポイントは、友だちや知人だけでなく、通行人や電車に乗っている人、店員さんといったすべての人のいいところを普段から見るようにすることです。どんな人も絶対に褒めるポイントというのは存在します。それを発見する目を普段から養っていきましょう。

(2)ひとりの相手(男性)に固執しない

ひとりの相手だけを見ながら恋愛を進めていくと「この人から嫌われないように」とつねに気を張ることになります。しかし、ほかの男性ともデートをしていれば「この人とうまくいかなくても、ほかの人がいる!」と、いい意味で余裕を持つことができます。人間は、「余裕」を持っている人に魅力を感じる生き物。そこで、余裕を持って恋愛することで、自分が「疲れない」ばかりか異性からもモテモテに。そうなれば恋愛も楽しくなるでしょう。

ポイントは、「彼氏」を探すときに「絶対にこの人!」と固執するのではなく、「この人もいいけれど、ほかにも素敵な人がいるかもしれない」と思うこと。また、脈なしの相手に冷たく接するのではなく、上記で述べたように「相手のいいところ」を見るようにして、思いやりを持って接していきましょう。

(3)とりあえず付き合う

上記の2つができるようになったら、「とにかく付き合ってみる」こと。相手に対し、「完璧」を求めるあまり、チャンスを逃すのはもったいないです。また、完璧を求めすぎると、あなた自身も疲れてしまいます。なぜなら「完璧な人」は存在しないからです。存在しないものを探し続けるのは疲れます。

ポイントは、「条件を高く設定して、自分の好みじゃないから付き合わない」のではなく、相手が自分に興味を持ってくれたら付き合うことです。別れるのはいつでもできますが、付き合えるチャンスやタイミングはなかなかありません。まずは経験してみて、恋愛の楽しさを実感しましょう。最初はピンとこなかった相手でも、付き合っていくうちに見えてくるよさがあるものです。

付き合っている最中はあら探しをせず、相手のいい部分を見つけよう・見ようと努めてください。そうすることで「恋愛はめんどくさい→楽しい」へとどんどん変わっていくでしょう。

次ページ:相手のいいところを探して、まずは付き合ってみる

SHARE