お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合うのがめんどくさいと思う心理&恋愛への向き合い方

宮正樹

せっかく彼氏ができても、「めんどくさい」と思ってしまい、いつも関係が長続きしない……と悩んでいませんか? 好きなはずなのに、付き合うのをめんどくさいと思ってしまう人の心理にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、男性と付き合うことに対して「めんどくさい」と思ってしまう女性の心理と、恋愛への向き合い方を恋愛心理コーチ・宮正樹さんに教えてもらいました。

付き合うのが「めんどくさい」と思う心理

まず、付き合うことに対して「めんどくさい」と思う女性心理について解説してもらいました。

(1)気を張ることが疲れる

異性と付き合う場合、「よく見られたい」「気に入られたい」「嫌われたくない」という気持ちがどうしても強くなります。とくに女性の場合、「美しく・かわいく」見せたいと思うもの。そのため、つねに身構えている、気を張ってしまう人が少なくありません。相手に気を遣ったり、まわりの反応を気にしたりする人は、特にストレスを溜めやすい傾向にあります。

このように、精神的な疲れにより恋愛がうまくいかない経験が多くなってくると、「恋愛=めんどくさい」という心理になります。

(2)同性といるほうが楽

男性脳と女性脳の違いについて聞いたことがありますか? 男性脳は「解決脳」や「結論脳」と呼ばれていて、女性脳は「共感脳」や「過程脳」と呼ばれています。男性は「手短に」「群れず」「答えを求める」という傾向があるのに対し、女性は「ストーリーで」「仲間と一緒に」「共感を求める」という傾向があります。

こういった違いから、女性の多くは男性と話したり一緒にいたりするときに、「どうして私の話を聞いてくれないんだろう?」「どうして話が盛り上がらないんだろう?」という気持ちになることがあります。そして、「男性といると疲れる」「女性同士でいるほうが楽だな」という心理になります。

(3)仕事や趣味が忙しい(時間的制約)

恋愛をめんどくさいと思う人の深層心理として、「恋愛はもちろん大切だけど、仕事や趣味に時間を充てているほうが充実する」というものがあります。

恋愛は仕事や趣味と違い、自分の思ったように相手や相手との関係をコントロールできません。また、どんなに自分が結婚を望んでも、相手も同じとは限りません。こうした「不確実性」に対し、「時間の無駄」「めんどうだな」と感じてしまうのです。

「相手」が存在して成立する恋愛は、どうしても自分の努力だけではどうにもならない部分があります。それが恋愛の醍醐味でもありますが、やればやっただけ結果が出て報われる仕事や、やればやっただけ楽しめる趣味のほうに魅力を感じてしまう人にとっては、「恋愛はめんどくさい」と感じてしまいます。

次ページ:「めんどくさい」とはオサラバ! 恋愛を楽しむコツ

SHARE